「山田正雄 (野球)」の版間の差分

編集の要約なし
[[東京都]]出身。[[明治大学付属明治高等学校・中学校|明治大学付属明治高等学校]]では、エースとして[[1961年]]秋季東京大会準決勝に進むが、[[日本大学第一中学校・高等学校|日大一高]]に敗退。
 
[[1963年]]に[[千葉ロッテマリーンズ|大毎オリオンズ]]に外野手として入団。[[1963年]]の第1回[[フレッシュオールスターゲーム|ジュニアオールスター]]に出場。[[1967年]]には一軍に定着し、外野手として18試合に先発出場。10月には三番打者としても2試合に起用される。翌[[1968年]]は打率.319の好成績を残すが、左投手先発時には[[石黒和弘]]らに出番を譲ることが多かった。[[1969年]]には打撃が低迷、出場機会が減少する。[[1970年]]から[[投手]]に転向。[[1971年]]には4試合に中継ぎとして登板。[[1972年]]に野手に復帰し代打として起用されるが、[[1973年]]限りで現役を引退。
 
引退後は下着メーカーの営業マンとして[[サラリーマン]]生活を送る<ref>[http://blog.nikkansports.com/baseball/professional/hamban/02takayama/20080120.html 山田GMの手腕に注目したい] 日刊スポーツ北海道版 2008年1月20日閲覧参照</ref>。