メインメニューを開く

差分

李方子

42 バイト除去, 1 年前
 
=== 戦後、韓国人として ===
日本の敗戦による朝鮮領有権喪失と[[日本国憲法]]施行に伴い、李垠・方子夫妻はって[[王公族]]の身分を喪失し、日本の主権回復[[ともに日本国籍]]を喪失して一[[在日韓国・朝鮮人|在日韓国人]]となった。邸宅・資産を売却しながら、細々と生活を送っていた。
 
夫妻は[[大韓民国]]の初代[[大統領]]であった[[李承晩]]により帰国を妨げられたまま、李垠が[[1960年]](昭和35年)に脳梗塞で倒れる。李承晩退陣後の[[1963年]](昭和38年)11月21日、大統領・[[朴正煕]]の計らいで夫妻はようやく帰国を果たす。夫妻の生活費は韓国政府から支出され<ref name="yomi19840703">1984年7月3日 読売新聞「[人]李方子=5 市井の“妃” 一生いばらの道」</ref>、[[昌徳宮]]内に住まうこととなった。[[1970年]](昭和45年)、李垠と死別した。
17,180

回編集