「下エジプト」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
[[ファイル:Ancient Egypt map-en.svg|150xp|right|thumb|上エジプト(Upper Egypt、図の下方)と下エジプト(Lower Egypt、図の上方)]]
'''下エジプト'''(しもエジプト、{{lang-arz|مصر السفلى}} ''{{transl|arz|Maṣr El Sofla}}'' {{lang-en-short|Lower Egypt}})は、[[エジプト]]の地域名。現在の[[カイロ]]南部から[[地中海]]までの[[ナイル川デルタ]]地帯を指す。カイロ以南のナイル河谷である[[上エジプト]]とともに[[古代エジプト]]を構成する二大地域であった。中間期には、上エジプトと下エジプトにそれぞれ王朝が分立し、覇権を争うことも多かった。
 
エジプトに興った文明は、紀元前3500年ごろに上エジプトと下エジプトの二つの王朝にまとまり、紀元前3150年ごろに上エジプトのナルメル王が下エジプトの{{仮リンク|ブト (古代エジプト)|en|Buto|label=ブト}}などの都市を押さえてエジプト最古の統一王朝である[[エジプト第1王朝]]を建設した。第一王朝以降、王都は下エジプト最南部に当たり、上下エジプトの接点となる[[メンフィス (エジプト)|メンフィス]]に置かれた。下エジプトの主神は[[ウアジェト]]、王冠は赤色、植物は[[パピルス]]が象徴とされた<ref>「古代エジプトを知る事典」p20 東京堂出版 2005年4月5日初版 吉村作治編著</ref>。