「リーガル・ハイ」の版間の差分

→‎第1期あらすじ: 内容の追加
(→‎第1期あらすじ: 内容の追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
しかし黛がそこで出会ったのは、偏屈で毒舌、気分屋で自己中心的、あげくに「'''正義は金で買える'''!」と豪語する人格破綻者の弁護士、'''古美門研介'''であった。古美門はかつては三木法律事務所に在籍していたが、ある切実な出来事により三木と袂を分かち独立。持ち前の腕前を発揮し、裁判では無敗記録を続けている敏腕弁護士だったのだ。現在は、大手企業からの高額な顧問弁護料と投資の成功でリッチな暮らしを手に入れ、つまらない依頼は法外な弁護料をふっかけて追い返すという悠々自適な生活を送っていた。
 
あまりにもかみ合わない性格に黛は激怒するも、沢地に説得され、吹っかけられた弁護士費用3000万円を本当に用意して古美門の度肝を抜く。結局引き受けることにした古美門は、黛とタッグを組みながら持ち前の敏腕ぶりを発揮。あっという間に世論を操作し人権団体を焚きつけ、あげくに目撃証言をもひっくり返し一気に勢を逆転。見事控訴審にまで持ち込む。
 
しかし、これは三木が用意した罠であった……。
 
=== 第2期あらすじ ===
7

回編集