「飯塚盈延」の版間の差分

211.5.109.64 (会話) による ID:64309929 の版を取り消し
(211.5.109.64 (会話) による ID:64309929 の版を取り消し)
 
その後の足取りは、[[満州]]でしばらく兄と建築業を行っていたが、078回国会懲罰委員会第3号([[1976年|昭和五十一年]]十月二十八日)会議録の記録にある[[紺野与次郎]]議員の発言によると、「特高首脳部は、スパイ飯塚盈延に大金を与えて姿をくらませ、その後、飯塚は終生、社会からの逃亡者としての生活を行い、待合に隠れ、[[北海道]]と満州を往復し、終戦後偽名で帰国して以来[[本籍]]を隠し、偽名を使い続け、元特高らに消されることを恐れ、一室に閉じこもり、昭和四十年酒におぼれて逃亡者としての悲惨な生涯を終えています。しかし、生地の本籍上の飯塚盈延はいまでも生きていることになっています」となっている。
 
しかし、この発言が真実であるという証拠は全く提示されていない上に、この発言が日本共産党員によるものであることに留意する必要がある。
 
== 参考文献 ==
1,132

回編集