「レイ・ウィルキンス」の版間の差分

そして、[[1994年]]に選手兼コーチとしてのオファーを受け、[[クリスタル・パレスFC]]の一員となった。しかし、そのデビュー戦で左足に怪我を負ってしまう。その怪我が癒えた後、再びクイーンズ・パーク・レンジャーズへ今度は[[選手兼任監督]]として加わった。2年後に[[ウィコム・ワンダラーズFC]]へと移籍、その後もクラブを転々とし、翌年に[[レイトン・オリエントFC]]にて引退した。引退後は、1年間のみ[[フラムFC]]の監督をしていた他、1998-2000シーズンはチェルシーのアシスタントコーチをしていた。
 
イングランド代表としては84試合キャップ。[[UEFA欧州選手権1980]]、[[1982 FIFAワールドカップ]]、[[1986 FIFAワールドカップ]]にも招集された。2014年9月にヨルダン代表チームの監督に就任したが、[[AFCアジアカップ2015]]終了後の2015年2月に退任した。
 
== 所属クラブ ==
匿名利用者