「ヤン・ヤンセ・ウェルテフレー」の版間の差分

ウェルテフレーは1595頃生まれた。出生地は、ハメルによると{{仮リンク|デ・レイプ|en|De Rijp}}、他の情報源によると[[フラールディング]]である。彼は'Hollandia'という船に契約して雇われ、1626年3月17日[[オランダ領東インド]]へ発った。そこでは、彼は1627年に[[ジャカルタ]]から'Ouwerkerck'という船で到着した。1627年7月16日、オランダの[[私掠船]]Ouwerkerckは、[[明|中国]]の[[アモイ]]港で係留されていた中国の[[ジャンク船]]を[[拿捕]]し、その乗組員150人を奴隷として売る目的で[[捕虜]]にした。70人の中国人はOuwerkerckに乗せられた。船の[[航海士]]ヤン・ヤンセ・ウェルテフレーと、オランダのデ・レイプから来たDirk Gijsbertsz、[[アムステルダム]]から来たJan Pieterse Verbaestは、13人の他のオランダの乗組員と一緒にジャンク船に乗り、[[フォルモサ]]の[[台南]]へ航海した。激しい夏の嵐に見舞われて、Ouwerkerckだけが安全な港に入港した<ref name=koreanhistoryproject>{{cite web|url=http://www.koreanhistoryproject.org/Ket/C14/E1402.htm |title=A Dutch Privateer in Joseon |publisher=Koreanhistoryproject.org |accessdate=February 16, 2012}}</ref>。
 
嵐に翻弄された中国のジャンク船は、不運な中国人とオランダ人乗組員を乗せて、朝鮮の西海岸沖の島の海岸に漂着接近、給水のために沿岸に近づいた。次に起こった事の詳細は不明だが、中国人は、5対1の人数の多さでオランダ人の生存者を圧倒し、ウェルテフレー、Dirk Gijsbertsz、Jan Verbaestを捕えて、朝鮮当局に彼らを引き渡した<ref name=koreanhistoryproject/>。
 
当時の[[李氏朝鮮]]は[[鎖国]]政策を採っていたので、捕虜となった彼らは朝鮮を離れることは許されなかった。ヤン・ヤンセは'''パク・ヨン'''(朴淵/朴燕、{{lang|ko|박연}})という名前を付けられ、政府の重要な役人となった。彼は朝鮮人女性と結婚し、2人の子供を儲けた。
 
ウェルテフレーよると、他の2人は[[丙子の役]]中の1636年に死亡した<ref>Gari Ledyard "The Dutch Come to Korea", page 26. Library of Congress Catalog Card Number: 70-177936</ref>。彼らは朝鮮軍として戦っていたと思われる。ハメルは朝鮮軍で、日本人や中国人からなる外国人部隊の隊長を務めていたとされる。
 
1653年に[[ヘンドリック・ハメル]]らが乗った'De SperwerSperwer(「デ・スペルウェール」)'という交易船がジャカルタから[[台湾]]を経由して日本に向かう途中に[[難破]]した。船は朝鮮に漂着し、ヤン・ヤンセが通訳者および相談役として派遣された。ただしこの際、20年にも渡り朝鮮に在住していたウェルテフレーはオランダ語に不自由になっており、ハメルらから改めて習い直している。この時に漂着したハメルら36人のオランダ人は、以降13年間朝鮮に幽閉され、虐待されたが、1666年に生き残っていた彼らのうち8人が[[長崎]]に逃亡した。ヘンドリック・ハメルは朝鮮での滞在について執筆し<ref>ヘンドリック・ハメル『朝鮮幽囚記』生田滋訳、[[平凡社]]〈東洋文庫〉、1969年、ISBN 978-4582801323</ref>、それによって現在我々がウェルテフレーについて知ることができる。のち日本(江戸幕府)の尽力により、生き残って朝鮮に抑留されていたうち、7名が日本を経由してオランダに引き渡された。
 
漂着した36人のオランダ人は13年間朝鮮に滞在し、朝鮮軍の[[軍事顧問]]として働いたが、1666年に彼らのうち8人が[[長崎]]に逃亡した。ヘンドリック・ハメルは朝鮮での滞在について執筆し<ref>ヘンドリック・ハメル『朝鮮幽囚記』生田滋訳、[[平凡社]]〈東洋文庫〉、1969年、ISBN 978-4582801323</ref>、それによって現在我々がウェルテフレーについて知ることができる。
 
==遺産 ==
匿名利用者