「ノート:エホバの証人/主流派教会による見解等の記述について」の版間の差分

!width="50%"|Solidrock0327の意見
|-
!colspan="2" | '''[ A ]'''「異端見分けハンドブック」を[[Wikipedia:信頼できる情報源]]とするか、しないか。 出典をを差し替えるべきか。
|-
|わざわざ自費出版本を利用する必要もないので、移動するなり、別の出典にするべきだ。つまりガイドラインによると自費出版本でも例外があるにせよ'''しかし、編集者は次の2点に用心すべきです。ひとつは、その著名な専門研究者のブログ(あるいは自己公表相当物)は本当に報告する価値があるのか、ほかの人だったらそうしただろうか、という点です。'''ということもまた重要だと申し上げている。||自費出版でも「信頼できる情報源」に該当する。'''『以前に信用できる第三者的立場の出版社から公表されている』『著名な専門研究者』の場合は例外的に扱われます'''([[Wikipedia:信頼できる情報源#自己公表された情報源]])。'''本当に報告する価値があるのか、ほかの人だったらそうしただろうか、という点'''についても他の文献にて3大異端を取り上げている文献が多数あり、他の同様の文献と比べて著しく特異な見解などの記載はなく、多くのエホバの証人に関する1次資料を研究した2次資料であり、またgoogle検索等においてもキリスト教会関係者が貴重な情報源として用いている記述も多数確認できることから、「異端見分けハンドブック」を「価値のない情報源」「代替・交換可能な情報源」としてあえて積極的に否定する根拠にはならない。
5,543

回編集