「カットスルー交換」の版間の差分

m
リンク修正
m (ボット: 言語間リンク 4 件をウィキデータ上の d:Q383791 に転記)
m (リンク修正)
 
カットスルー・ルーティングが普通に行われない主な理由は、バックログのキューイングのためである。
 
カットスルー・ルーティングは[[Asynchronous Transfer Mode|ATM]]ネットワークを使った[[Internet Protocol|IP]]ネットワーク]]の重要な機能の一つとなっている。これによりATMネットワークのエッジ・ルーターでは[[セル交換]]方式を採用し、低レイテンシを実現している。リンク自体が高速であれば、そもそもレイテンシも小さくなるので、これは問題ではなくなる。
 
カットスルー交換は [[InfiniBand]] ネットワークでも非常に一般的である。これは InfiniBand が[[スーパーコンピュータ]]のクラスターなどのレイテンシが最重要課題とされる環境で使われることが多いためである。