メインメニューを開く

差分

:1船倉式船尾集約型貨物船ではあるが、建造数がはっきりしない。
;K型(三島型5,400トン・長船尾楼型5,950トン・船尾機関型5,800トン、三島型レシプロ・長船尾楼型&船尾機関型タービン、三島型&長船尾楼型15ノット・船尾機関型15.5ノット)
:4船倉式三島型貨物船と、4船倉式長船尾楼型、5船倉式船尾機関型の3パターンある。三島型は三菱重工業神戸造船所で7隻、船尾機関型は東京石川島造船所で2隻、長船尾楼型は日本鋼管鶴見造船所等で8建造された。一部6隻が応急タンカーに改装された。
;TL型(10,000トン、タービン、19.5ノット)
:艦隊随伴用大型タンカー。播磨造船所で設計されたが、当時多数が就役していた[[川崎型油槽船]]を建造した方が良いと判断されたためか、商船としては起工されず、海軍給油艦仕様の[[風早 (給油艦)|風早]]、[[速吸 (給油艦)|速吸]]の2隻のみが起工され、速吸は後に航空機搭載に計画変更されたため、風早のみがオリジナルに近い形態で竣工した。
匿名利用者