「聖心侍女修道会」の版間の差分

m
→‎起源: avoid red.:パウロ6世 (ローマ教皇)
m (-cat)
m (→‎起源: avoid red.:パウロ6世 (ローマ教皇))
聖心侍女修道会の創立者、聖ラファエラ・マリアは1850年3月1日、ポラス家の10番目の子供として、南スペインの[[コルドバ]]に近いペドロ・アバドの大地主、ポラス家の11番目の女の子として生まれた。父のイルデフォンソ氏は長年、村長を務めていた。ペドロ・アバド一帯の地所の持ち主で、この地方の有力者だったが、貧しい人のために尽くした。
25歳の時、姉のドロレスと共に聖心侍女修道会を設立。ラファエラは、16年間にわたり院長・総長として生まれたばかりの修道会を育て、その精神を形づくり、土台を固めた。やがて彼女はその職務を退くとただの一修道女として、人目につかない修道院の中で、隠れた生活のうちに晩年の32年間を過ごした。
1925年1月6日帰天。75年の生涯を閉じた。1977年1月23日 [[サン・ピエトロ大聖堂]]において[[ローマ教皇]][[パウロ6世 (ローマ教皇)|パウロ6世]]によって[[列聖]]。
 
「心が愛で美しくなればなるほど、一層、神の喜びとなる」、「わたしたちの心は特定の人にのみ開かれているといったものであってはならない」、「すべての人が幸せになるように働くこと、それが本当の愛」など、神と人への愛に燃え立つ言葉を数々残している。彼女の生涯は深い愛と真実に貫かれた謙遜の鑑であった。