「栄養繁殖」の版間の差分

編集の要約なし
(本文中の内部リンクと重複する関連項目を削除)
[[Image:Bryophyllum daigremontianum nahaufnahme1.jpg |thumb|right|
カランコエ(コダカラベンケイ''Kalanchoe daigremontiana'')の葉の周辺から芽生えた新しい個体。]]
'''栄養繁殖'''(えいようはんしょく、英語:vegetative:vgetative propagation)とは、[[植物]]の[[生殖]]の様式の1つ。'''栄養生殖'''(vegetative reproduction)とも呼ぶ。[[胚]]・[[種子]]を経由せずに[[根]]・[[茎]]・[[葉]]などの[[栄養体|栄養器官]]から、次の世代の植物が繁殖する[[無性生殖]]である。
 
植物の繁殖様式の1つとして観察され、特に[[種子]]繁殖力が低い高次[[倍数性|倍数体]]では一般的な繁殖様式である。[[農業]]でも[[作物]]の[[種苗]]生産に広く用いられており、[[芋|イモ]]類や[[球根]]の例がある。以下は主に農業(園芸)の観点から、栄養繁殖について記述する。
匿名利用者