「ジョン・ベイツ・クラーク賞」の版間の差分

編集の要約なし
m (Eepees (会話) による版を Flightjacket による版へ巻き戻し)
'''ジョン・ベイツ・クラーク賞'''('''John Bates Clark Medal''')は、[[1947年]]以降[[アメリカ経済学会]]が隔年で授与している[[経済学]]賞である。賞の名前は、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]における[[近代経済学]]の創始者である[[ジョン・ベイツ・クラーク]]([[コロンビア大学]]教授、1895-1913)に因む。対象となるのは40歳以下のアメリカの[[経済学者]]であり、隔年(2010年から毎年)且つ生涯に一度しか受賞できないことから、アメリカの経済学者にとっては、ノーベル経済学賞より受賞が難しいとも言われている。2009年現在で、受賞者総数31名中12名(39%)が後に、ノーベル経済学賞を受賞していることから、数ある経済学賞の中でも最もノーベル賞に近い賞とされている。経済学における最高の賞の一つである。
 
2017年現在で、受賞者総数39名中12名(32.5%)が後に、ノーベル経済学賞を受賞していることから、数ある経済学賞の中でも最もノーベル賞に近い賞とされている。経済学における最高の賞の一つである。
 
第1回受賞者の[[ポール・サミュエルソン]]以下、[[ミルトン・フリードマン]]、[[ゲーリー・ベッカー]]、比較的最近の例では[[ジョセフ・E・スティグリッツ]]、[[ジェームズ・ヘックマン]]といった面々が受賞している。
 
== 受賞者一覧 ==
名前のあとのカッコ太字はノーベル経済学賞受賞者と受賞年
 
*1947年- '''[[ポール・サミュエルソン]]''' (1970年)
*1949年- [[ケネス・E・ボールディング]]
*1951年- '''[[ミルトン・フリードマン]]''' (1976年)
*1953年- 受賞者なし
*1955年- '''[[ジェームズ・トービン]]''' (1981年)
*1957年- '''[[ケネス・アロー]]''' (1972年)
*1959年- '''[[ローレンス・クライン]]''' (1980年)
*1961年- '''[[ロバート・ソロー]]''' (1987年)
*1963年- [[ヘンドリック・ハウタッカー]]
*1965年- [[ツヴィ・グリリカス]]
*1967年- '''[[ゲーリー・ベッカー]]''' (1992年)
*1969年- [[w:Marc Leon Nerlove|Marc Leon Nerlove]]
*1971年- [[デール・ジョルゲンソン]]
*1973年- [[w:Franklin M. Fisher|Franklin M. Fisher]]
*1975年- '''[[ダニエル・マクファデン]]''' (2000年)
*1977年- [[マーティン・フェルドシュタイン]]
*1979年- '''[[ジョセフ・E・スティグリッツ]]''' (2001年)
*1981年- '''[[マイケル・スペンス]]''' (2001年)
*1983年- '''[[ジェームズ・ヘックマン]]''' (2000年)
*1985年- [[w:Jerry A. Hausman|Jerry A. Hausman]]
*1987年- [[w:Sanford J. Grossman|Sanford J. Grossman]]
*1989年- [[デイヴィッド・クレプス]]
*1991年- '''[[ポール・クルーグマン]]''' (2008年)
*1993年- [[ローレンス・サマーズ]]
*1995年- [[w:David Card|David Card]]
*2015年- [[w:Roland G. Fryer, Jr.|Roland G. Fryer, Jr.]]
*2016年- [[w:Yuliy Sannikov|Yuliy Sannikov]]
*2017年- Dave Donaldson
 
== 関連項目 ==
匿名利用者