メインメニューを開く

差分

m
袁世凱の死後、中国は[[軍閥]]割拠となり、孫文は広州で[[護法運動|護法政府]]を組織し(第三次革命)、中国の政治情勢は分断と動乱の時代に突入した。
 
=== チベット・モンゴル・満洲・東トルキスタンなどの辺境 ===
{{main|チベット・モンゴル相互承認条約|満洲国|東トルキスタン共和国}}
[[1913年]][[1月11日]]、チベット・モンゴルは相互に独立承認を行い、外部からの攻撃に対しては相互に援助しあうことなどが約された。チベットは1949年に人民解放軍の侵攻を受けるまで独立を維持した。しかし、中華民国は南モンゴルを支配下に組み込んだためソビエトの支援を受けた北モンゴルのみが独立を達成できた。1930年代に入ると満洲では満洲国が建国され、東トルキスタンでは[[東トルキスタン共和国]]が建国されるなどしたが、漢民族による[[国共内戦]]が終結し中華人民共和国が建国されると、辛亥革命後に孫文が提唱した通りに多くの周辺民族地域を中国に組み込むことに成功した<ref name="sakai20040224">{{cite journal|和書
8,112

回編集