「南部信直」の版間の差分

m (半角括弧句読点を全角に)
元亀2年([[1571年]])5月([[天正]]9年([[1581年]])説もある)、南部一族の[[津軽為信|大浦為信]]に[[石川城]]を攻められて実父・石川高信が自害する(生き延びたとする説もある)。これは石川家を弱体化させておきたい晴政が、石川家の津軽地方をかすめ取るよう大浦為信を密に唆したとの説もある。なお南部氏側資料では、石川高信は天正9年(1581年)に病死し大浦為信に攻められていないが、南部氏側の作意を示す証拠が存在する。
 
[[天正]]4年([[1576年]])、正室(晴政の長女)が早世すると、本人も身の危険を感じていたのか晴政の養嗣子の座を辞退し[[田子町|田子]]に引き籠もるが、刺客の脅威から逃れるため[[北信愛]]の[[剣吉館]]や[[南部氏#根城南部氏(遠野南部氏)|根城南部氏]]当主・[[八戸政栄]]の[[根城]]などに身を隠す。晴政は信直への不信を抱き続け、南部家内は晴政ならび一族内の有力勢力・[[九戸氏]]の連衡と、信直を盟主とする[[南長義]]、北信愛の連合の間で対立していく。}}
 
=== 南部宗家家督相続 ===
匿名利用者