「石井茂成」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[文禄・慶長の役]]では、鍋島直茂・勝茂父子に従い、一隊の将として、[[朝鮮半島]]に遠征する。
 
帰国後、叔母である[[陽泰院]]の威光もあり、藩の中枢に抜擢され、家禄1,250石を拝領し、家老に就任。そして、[[慶長]]5年([[1600年]])頃から、一族の[[石井重次|石井孫左衛尉重次]]らと共に、[[蓮池城 (肥前国)|蓮池城]]城将惣領となり、蒲田江出城番をつとめた
 
そして、[[慶長]]5年([[1600年]])頃から、一族の[[石井重次|石井孫左衛門尉重次]]らと共に、[[蓮池城 (肥前国)|蓮池城]]の城将となり、蒲田江出城番をつとめた。
 
藩財政の窮乏を憂い、苦心して財政再建5ヵ年計画私案を書き上げ、藩主勝茂に上程するも、財政再建には失敗している。
その他、鍋島氏の監視下にあった[[龍造寺高房]]の遺児(庶子)[[龍造寺季明|伯庵]]が、[[佐賀城]]下を出奔したときには、勝茂の命を受けて伯庵を追いかけ、城下に戻るように説得を試みた。
 
[[寛永]]10年([[1634年]])に死去した。茂成の死後、一門の惣領は、同族の[[石井孝成|石井兵庫助孝成]]が引き継いだ。
晩年は、勝茂の五男[[鍋島直澄]]が[[蓮池藩]]を立てると、その付家老として従い、初代執政として、蓮池藩の基礎を築くために尽力した。
 
茂成の死後、蓮池藩家老職と家禄のうち900石は、嫡男[[石井清次|又左衛門清次]]が家督と家禄のうち900石を継ぎ、清次は、勝茂の五男[[鍋島直澄]]が[[蓮池藩]]を立てると、その付家老として従い、初代執政として、蓮池藩の基礎を築くために尽力した。残りの家禄は、佐賀本藩に仕えた次男[[石井賢顕|六郎左衛門賢顕]]、三男[[石井七郎右衛門 (佐賀藩士)|七郎右衛門]]が継いだ。
 
なお、『[[葉隠]]』の著述者[[山本常朝]]の祖父[[中野清明]]が浪人している際、石井氏の領地に流れてきた清明を賢次・茂成父子が面会し、清明の器量を見込んで、鍋島直茂に推挙したと伝わり、以降、中野氏は佐賀藩の重臣として発展する。
796

回編集