「海上公試」の版間の差分

m
編集の要約なし
(修正)
m
 
=== 全速航行試験 ===
:[[艦艇]]の全速を出す速力試験。
 
=== 速力試験 ===
:[[エンジン]]出力を段階的に変化させ、その時の船の速度を計測する試験。一定の距離を[[舵]]を切らずに直線で通過し速度を計測する。[[風]]や[[潮流]]の影響を排除するため、同一区間を数往復し、その平均をとる。[[1960年代]]までは1[[海里]]の間隔で設置された[[航路標識|標柱]]([[東京湾]]口の[[館山市|館山]]沖など)の間を直進してその通過時間から速力を求めていた。[[海上交通]]の混雑が激しい現在では任意の地点で直線航行し、航跡記録から速力を求める方式が主流となっている。
<!--
==== [[大日本帝国海軍|日本海軍]] ====
 
=== クラッシュ・ストップ・アスターン試験 ===
:エンジンを全速前進から、[[中立#機械|中立]]、全速後進とし、船を急停止させるテスト。エンジンが壊れることを覚悟で急停止しなければならない場面を想定してのテストなのでクラッシュ~の名が付いている。ちなみにアスターンは、船尾の、船尾方向の、と言う意味で、後進を指す。
 
== 武器公試 ==
3,844

回編集