「第42回都市対抗野球大会」の版間の差分

編集の要約なし
*打撃戦は少なく、投手戦となる試合が多い中、[[姫路市]]・[[新日鐵住金広畑硬式野球部|新日鐵広畑]]は[[山中正竹]]・[[三沢淳]]の2本柱がうまく機能し、接戦続きのトーナメントを制して3年ぶり2度目の優勝。また小野賞は新日鐵広畑の高卒ルーキーバッテリー、三沢淳投手と中山拓郎捕手に贈られた。小野賞が個人2人に贈られるのは史上初。
 
== 出場チーム ==
{| summary="レイアウト用"
| valign="top"|
*[[東京都]]・[[熊谷組野球部|熊谷組]](2年連続17回目)
*東京都・[[NTT東日本硬式野球部|電電東京]](3年ぶり6回目)
*東京都・[[リッカー硬式野球部|リッカーミシン]](2年ぶり7回目)
*[[横浜市]]・[[JX-ENEOS野球部|日本石油]](7年連続17回目)
*[[川崎市]]・[[いすゞ自動車硬式野球部|いすゞ自動車]](3年ぶり6回目)