メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
青葉山丘陵は、西には[[蕃山丘陵]]に続き、それを介して遥かに[[奥羽山脈]]に連なる。北に伸びる[[尾根]]は東流する[[広瀬川 (宮城県)|広瀬川]]に迫って断崖をなす。南では竜の口沢が[[八木山]]との間に深い渓谷を刻む。広瀬川は緩く湾曲して青葉山の南東で竜の口沢をあわせる。青葉山と広瀬川によって囲まれた段丘部を[[川内 (仙台市)|川内]]という。
 
[[仙台市都心部|仙台市街地]]に最も近い山であり、[[仙台城]](青葉城)のほか、[[東北大学]]青葉山キャンパス(理・工・薬学部)、[[宮城教育大学]]、[[赤門鍼灸柔整専門学校]]、[[森林]]が大半を占める。大学の近くであるため住宅需要は高いものの、アパート・戸建住宅は青葉台地区を除きほとんど無い。仙台城と[[仙台市博物館]]周辺は[[青葉山公園]]として整備され、市民に親しまれている。[[東北大学植物園]]の園内に広がる[[原生林]]([[潜在自然植生]])は、[[東北大学植物園#天然記念物「青葉山」|天然記念物「青葉山」]]に指定されている。
 
== 歴史 ==
匿名利用者