「DVD」の版間の差分

m
Bot作業依頼:インターネットアーカイブ - log
(116.65.168.95 (会話) による ID:65035377 の版を取り消し)
m (Bot作業依頼:インターネットアーカイブ - log)
第1世代光ディスクであるCDに対し、DVDは動画を収録可能な第2世代光ディスク「{{lang|en|Digital Video Disc}}」<ref>{{cite web|url=https://www.blwisdom.com/dictionary/item/5031-000752.html|title=DVD:ビジネス用語辞典 | Wisdom|accessdate=2013-11-10|author=|date=2005年12月1日|publisher=NEC Corporation}}</ref>として企画された。当初は[[VHS]]の置き換え需要などが主に想定されていたが、「用途はビデオだけに限定されないこと」が指摘されるようになると、この名称には疑問の声も出てきた。そこで、{{lang|en|video}} の代わりに「多用途」の意味がある {{lang|en|versatile}}(ヴァーサタイル)を用いることで「{{lang|en|Digital Versatile Disc}}」へと変更になった経緯がある。
 
<!-- いずれにせよ、現在は「DVD」という名称が普通名詞として市民権を得ており、一般的に「DVD」という場合は[[DVD-Video]]を指すことが多い。 -->上記の理由から、DVDを「{{lang|en|Digital Video Disc}}」の略称とするのは誤り<ref>[https://web.archive.org/web/20070224101233/http://www3.toshiba.co.jp/dvd/j/whats/wh04/w_fr0404.htm DVDは、デジタルビデオディスクではありません](2007年2月24日時点の[[インターネットアーカイブ|アーカイブ]])</ref>だが、正式名称を「DVD」にしたことと、先の映像記憶媒体である[[磁気テープ|ビデオテープ]]から「V」と言えば「{{lang|en|video}}」を連想すること、開発に至った経緯などから<ref>[http://www.tdk-media.jp/dvdkihon/html/dvd10200.html DVDってどういう意味]</ref>「{{lang|en|Digital Video Disc}}」も俗称として限定的に使用されている。
 
== DVD登場までの経緯 ==
95,082

回編集