「ランボルギーニ・350GT」の版間の差分

片仮名言葉から他の言葉へと変え、理解しやすく編集してみました。
m
(片仮名言葉から他の言葉へと変え、理解しやすく編集してみました。)
'''ランボルギーニ・350GT'''(''Lamborghini350GT'' )は、[[イタリア]]の自動車メーカー[[ランボルギーニ]]で[[1964年]]5月から生産された[[グランツーリスモ]]であり、量産市販車としてランボルギーニが初めて生産した[[乗用車]]である。[[カロッツェリア・トゥーリング]]の製作した「スーペルレッジェーラ」方式のボディを採用している。ボディパネルは[[アルミニウム合金]]製。
 
[[プロトタイプ|試作車]]であった350GTVからコストダウンの開発費や製造費などを減らすためエンジンが[[ウェットサンプ]]構造に変更となり、[[圧縮比]]9.4、カムリフトを低くする等デチューン性能を下げる処理がされている。
 
[[ホイールベース]]は2,550 mm。シートは前部2座席の他、後部に補助的な1座席が設けられていた。
2,031

回編集