「バーニーズ・ニューヨーク」の版間の差分

2個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.2)
m (→‎日本におけるバーニーズ・ニューヨーク: セブン&アイによる完全子会社化記述追加。)
(2個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.2))
バーニーの息子であるフレッドのもと、ヨーロッパの無名デザイナーを発掘し、富裕層を顧客とする商法が成功した。1980年代には、日本の[[伊勢丹]]と提携し、多店舗展開を行った。1993年には、現在まで旗艦店となっているマンハッタン、[[マディソン街]]の店舗を開業している。
 
多店舗経営が失敗し、1996年には[[連邦倒産法第11章]] (Chapter 11)の適用を受けて[[倒産]]。このとき、アメリカ国内外の複数店舗を閉店・売却している。2004年、米ジョーンズ・アパレル(Jones Apparel)グループが約4億ドルで買収<ref>{{cite web|title=バーニーズ社、ジョーンズアパレルグループによる買収決定|url=http://www.fbc-ny.com/japanese/news/200411.htm|publisher=Fashion Business Consulting, LLC|archivedate=2006年5月28日|archiveurl=https://web.archive.org/web/20060528224912/http://www.fbc-ny.com/japanese/news/200411.htm|accessdate=2013-12-5|deadurldate=2017年9月}}</ref>。その後、2007年8月8日、[[ドバイ]]政府所有の投資会社・[[イスティスマール]](Istithmar)に9億4230万ドルで売却することで合意した<ref>{{cite web|title=ファーストリテイリング、バーニーズ買収を断念|url=http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz07q3/542177/|publisher=日経BPネット|date=2007-8-9|accessdate=2013-12-5}}</ref>。
バーニーズ社、ジョーンズアパレルグループによる買収決定|url=http://www.fbc-ny.com/japanese/news/200411.htm|publisher=Fashion Business Consulting, LLC|archivedate=2006-5-28|archiveurl=http://web.archive.org/web/20060528224912/http://www.fbc-ny.com/japanese/news/200411.htm|accessdate=2013-12-5}}</ref>。その後、2007年8月8日、[[ドバイ]]政府所有の投資会社・[[イスティスマール]](Istithmar)に9億4230万ドルで売却することで合意した<ref>{{cite web|title=ファーストリテイリング、バーニーズ買収を断念|url=http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz07q3/542177/|publisher=日経BPネット|date=2007-8-9|accessdate=2013-12-5}}</ref>。
この際には、日本の[[ファーストリテイリング]]も買収に乗り出し、買収価格が競りあがった。
 
*[http://onlinestore.barneys.co.jp/ 日本公式オンラインストア(日本)]
*[http://www.barneys.com/ Barneys New York official website]
*[httphttps://wwwweb.archive.org/web/20090106162256/http://barneyscoop.com/ Barneys CO-OP official website]<!-- 現状はオンラインストアへのリダイレクト。 -->
 
{{Company-stub}}