「ノースウエスト航空5便エンジン脱落事故」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
==事故の経緯==
ノースウエスト航空5便は午前8時15分([[東部標準時|EST]])、[[マイアミ国際空港]]から離陸。午前9時10分頃に高度35000ftを飛行中、突然機体後方部で大きな音がした<ref name="NYT1"/>。 そのまま、5便は飛行を続けたが、パイロットはエンジンが脱落していることに気付かなかった<ref name="NYT2">{{cite news|url=https://www.nytimes.com/1990/01/06/us/pilots-had-no-way-of-knowing-jet-engine-fell-off-experts-say.html|title=Pilots Had No Way of Knowing Jet Engine Fell Off, Experts Say|first=Eric|last=Weiner|work=[[The New York Times]]|date=January 6, 1990|accessdate=April 16, 2010}}</ref>。午前9時58分、5便は[[タンパ国際空港]]に緊急着陸した<ref name="SPT">{{cite news|url=https://news.google.com/newspapers?nid=888&dat=19900106&id=fMsNAAAAIBAJ&sjid=VnUDAAAAIBAJ&pg=7002,187351|title=Engine that fell from airliner found in Madison County|first=Jennifer|last=Orsi|work=[[St. Petersburg Times]]|date=January 6, 1990|accessdate=April 16, 2010}}</ref>。乗員乗客に怪我はなく、 無事に地上へ降り立った。脱落した[[プラット・アンド・ホイットニー JT8D|プラット・アンド・ホイットニー JT8D-15]]ジェットエンジンは、[[フロリダ州]][[マディソン郡 (フロリダ州)|マディソン]]近くで発見された<ref name="SPT">。
 
==事故原因==
着陸後、前方のトイレの外部溶接部が欠落しており、不適切に設置されていたことが判明した。そのため、飛行機が加圧されたときに漏れが発生した。失われた箇所は、トイレから漏れでた液体が外気温により凍結し、第3エンジンがそれを吸い込んでしまい圧縮機ブレードが損傷を受けた<ref name="NTSB1"/>。エンジンに一定の故障や衝撃が与えられると、エンジンは機体胴体部からはずれるよう、設計されている。<ref name="NYT1"/>
 
[[国家運輸安全委員会]](NTSB)は事故原因を、「トイレが前方部ではなく機体後方部にあったことが要因」だとした<ref name="NTSB1">{{cite web|url=http://www.ntsb.gov/ntsb/brief.asp?ev_id=20001212X22451&key=1|title=MIA90IA047|publisher=[[National Transportation Safety Board]]|date=December 30, 1992|accessdate=April 16, 2010}}</ref>。
 
==事故原因==