「クレイトン・カーショウ」の版間の差分

m
{{by|2016年}}も開幕から抜群の安定感で、登板した試合全てで6イニング以上を投げ、開幕からの16登板のうち12登板でHQSを記録した。また、4月21日の登板から5月17日の登板まで6試合連続二桁奪三振を記録するなどシーズン序盤からあらゆる投手成績の項目においてトップ争いをしていたが、6月30日に椎間板ヘルニアによって15日間の故障者リスト入り<ref>{{cite web|first=Gurnick|last=Ken|title=Kershaw heads to DL with back issue|url=http://m.mlb.com/news/article/187107104/clayton-kershaw-heads-to-dl-with-back-issue|publisher=MLB|language=英語|accessdate=October 24, 2016}}</ref>。選出されたオールスターも欠場となった。8月3日には60日間の故障者リストへと移動し<ref>{{cite web|first=Flanagan|last=Keely|title=Clayton Kershaw Hits 60-Day Disabled List; Red Sox Avoid Facing Dodgers' Ace|url=http://nesn.com/2016/08/clayton-kershaw-hits-60-day-disabled-list-red-sox-avoid-facing-dodgers-ace/|publisher=NESN.com|language=英語|accessdate=24 October 2016}}</ref>、復帰は9月9日の[[マイアミ・マーリンズ]]戦までずれ込んだ<ref>{{cite web|url=http://m.dodgers.mlb.com/news/article/200443854/dodgers-clayton-kershaw-returns-from-dl/|title=Rusty Kershaw eased back with 3-inning start|work=mlb.com|first=Gurnick|last=Ken|language=英語|date=September 9, 2016|accessdate=October 24, 2016}}</ref>。この影響で勝利数は2010年以降では最低となる12勝にとどまり、規定投球回数に到達せずに終わった。ポストシーズンでは[[ワシントン・ナショナルズ]]との[[2016年のナショナルリーグディビジョンシリーズ|ディビジョンシリーズ]]第1戦と第4戦に先発。第1戦では3回表までに味方打線に4点の援護点をもらったものの、その裏に3安打と重盗で2点を失うなど5回で8安打を浴び3失点ながら、後続がナショナルズ打線を1安打に抑え勝利投手となった。ナショナルズに王手をかけられて迎えた第4戦では初回に1点の先制を許したものの、5回までに味方打線に5点の援護をもらい、自身も6回まで5安打2失点に抑えていたものの7回につかまり、2アウト満塁のピンチを招いた所で降板。後続がこの回同点に追いつかれ自身に勝敗はつかなかった。チームはその後2勝2敗のタイに戻し、迎えた第5戦では1点リードの9回1アウトからリリーフ登板し、マイナー時代の2006年のガルフコースト以来となるセーブを挙げ<ref>{{cite web|url=http://m.mlb.com/news/article/206007428/dodgers-beat-nationals-in-nlds-to-go-to-nlcs/?game_pk=487616|title=NCapital gain: LA wins in DC, advances to NLCS|work=MLB.com|first=Jamal and Ken Gurnick|last=Collier|language=英語|date=October 14, 2016|accessdate=October 24, 2016}}</ref>、チームは[[2016年のナショナルリーグチャンピオンシップシリーズ|リーグチャンピオンシップシリーズ]]進出を決めた。[[シカゴ・カブス]]とのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦と第6戦に先発。第2戦では7回2安打無失点の好投を見せ勝利投手となったものの<ref>{{cite web|url=http://m.mlb.com/news/article/20161017206283082/dodgers-beat-cubs-in-game-2-to-even-nlcs/?game_pk=487625|title=Clayt Show! LA drops Cubs, ties NLCS|work=mlb.com|first=Ken and Carrie Muskat|last=Gurnick|language=英語|date=October 17, 2016|accessdate=October 17, 2016}}</ref>、カブスに王手をかけられて迎えた第6戦では5回5失点で降板し敗戦投手となり、先発としての役割を果たすことはできなかった。チームは2勝4敗でリーグチャンピオンシップシリーズ敗退に終わった。
 
{{by|2017年}}も開幕戦に登板し勝利、開幕戦5勝負けなしは殿堂入りした'''Big D'''こと[[ドン・ドライスデール]]に並ぶ球団記録である。6月2日のブルワーズ戦で史上79人目となる通算2000奪三振を記録した<ref>[http://m.dodgers.mlb.com/news/article/234023788/dodgers-clayton-kershaw-gets-2000-strikeouts/ 2K-ershaw: Ace reaches milestone] ''MLB.com'' {{en icon}} (2017年6月3日) 2017年6月4日閲覧</ref>。シーズンでは27試合の先発で18勝4敗、防御率2.31、奪三振202の成績で、自身3年ぶりの最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得した<ref name="br">{{cite web|url=http://www.baseball-reference.com/players/k/kershcl01.shtml|title=Clayton Kershaw statistics and history|work=Baseball-Reference.com|accessdate=November 2, 2017|language=英語}}</ref>。ポストシーズンではアリゾナ・ダイヤモンドバックスとのディビジョンシリーズ第1戦に先発。初回に4点、4回にも3点と計7点の援護をもらったものの、6回1/3を投げて4本のソロ本塁打を浴び、4失点を喫した。チームは9対5で勝利し勝利投手となった<ref>{{cite web|url=https://www.baseball-reference.com/boxes/LAN/LAN201710060.shtml|title=2017 National League Division Series (NLDS) Game 1, Diamondbacks at Dodgers, October 6|work=Baseball Reference|accessdate=November 2, 2017|language=英語}}</ref>。1試合で4本の本塁打を浴びたのはポストシーズンのワーストタイ記録となった<ref>{{cite web|url=https://www.truebluela.com/2017/10/7/16440482/clayton-kershaw-home-runs-mlb-record-dodgers-diamondbacks-nlds-game-1|title=Clayton Kershaw allows record-tying 4 home runs in Game 1 win|first=Stephen|last=Eric|date=October 7, 2017|accessdate=November 2, 2017|language=英語|work=SB Nation}}</ref>。前年に続きシカゴ・カブスとの対戦となったリーグチャンピオンシップシリーズでも第1戦と第5戦に先発。第1戦では5回2失点で勝敗はつかなかったが<ref>{{cite web|url=https://www.baseball-reference.com/boxes/LAN/LAN201710140.shtml|title=2017 National League Championship Series (NLCS) Game 1, Cubs at Dodgers, October 14 2017|work=Baseball Reference|accessdate=November 2, 2017|language=英語}}</ref>、ドジャースが3勝1敗とリーグ優勝・ワールドシリーズ進出に王手をかけて迎えた第5戦では4回までに味方打線から9点の援護をもらい、自身も6回を3安打1失点の好投で勝利投手となり、29年ぶりのリーグ優勝を決めた<ref>{{cite web|url=https://www.baseball-reference.com/boxes/CHN/CHN201710190.shtml|title=2017 National League Championship Series (NLCS) Game 5, Dodgers at Cubs, October 19 2017|work=Baseball Reference|accessdate=November 2, 2017|language=英語}}</ref>。自身初出場となった[[ヒューストン・アストロズ]]との[[2017年のワールドシリーズ|ワールドシリーズ]]でも第1戦と第5戦に先発。第1戦では7回を11奪三振、[[アレックス・ブレグマン]]のソロ本塁打による1失点に抑え勝利投手となった<ref>{{cite web|url=http://m.dodgers.mlb.com/news/article/259587014/dodgers-homers-back-clayton-kershaw-in-game-1/|title=Red hot! Turner HR backs Kershaw Gm. 1 gem|work=mlb.com|last=Gurnick|first=Ken and Brian McTaggart|first=Gurnick Brian|date=October 25, 2017|accessdate=November 2, 2017|language=英語}}</ref>。ドジャースの投手によるワールドシリーズでの2ケタ奪三振としては、[[1963年のワールドシリーズ|1963年]]第1戦の[[サンディー・コーファックス]](15奪三振)、[[1953年のワールドシリーズ|1953年]]第3戦の{{仮リンク|カール・アースカイン|en|Carl Erskine}}(14奪三振)に次ぐ記録となった<ref group="注">なおタイ記録としては、[[1949年のワールドシリーズ|1949年]]第1戦の[[ドン・ニューカム]]、[[1965年のワールドシリーズ|1965年]]第4戦のドン・ドライスデールがそれぞれ11奪三振を記録している。</ref><ref>{{cite web|url=https://www.truebluela.com/2017/10/24/16539964/clayton-kershaw-strikeouts-brilliant-dodgers-world-series-game-1|title=Clayton Kershaw brilliant as Dodgers take Game 1 of the World Series|work=SB Nation|first=Eric|last=Stephen|date=October 24, 2017|accessdate=November 2, 2017|language=英語}}</ref>。しかし、第5戦では4回までに味方打線に4点の援護をもらったものの、[[ユリエスキ・グリエル]]に同点の3ラン本塁打を浴びるなど4回2/3で6失点を喫し、先発としての役割を果たすことはできなかった<ref>{{cite web|url=https://www.baseball-reference.com/boxes/HOU/HOU201710290.shtml|title=2017 World Series Game 5, Los Angeles Dodgers at Houston Astros, October 29, 2017|work=Baseball Reference|accessdate=November 2, 2017|language=英語}}</ref>。第7戦でも3回から3番手としてリリーフ登板。6回までを無失点に抑える好投を見せたものの、チームは3勝4敗でワールドシリーズ敗退に終わった。
 
== 選手としての特徴 ==
935

回編集