「サンドン・ストール」の版間の差分

m
不要な文字を除去
(リンク修正)
m (不要な文字を除去)
'''サンドン・フレデリック・ストール'''('''Sandon Frederick Stolle''', [[1970年]][[7月13日]] - )は、[[オーストラリア]]・[[ニューサウスウェールズ州]][[シドニー]]市出身の男子プロ[[テニス]]選手。。当地の往年の名選手[[フレッド・ストール]]の息子で、ダブルスのスペシャリストとして活動し、[[1998年全米オープン (テニス)|1998年全米オープン]]男子ダブルスで[[シリル・スーク]]と組んで優勝した。[[グランドスラム (テニス)|4大大会]]男子ダブルスでは、他に3度の準優勝がある。自己最高ランキングはシングルス50位、ダブルス2位。[[ATPツアー]]でシングルスの優勝はなかったが (準優勝1度)、ダブルスで22勝を挙げた。
 
サンドンは6歳の時から、父親のフレッドに[[テニス]]を習い始めた。テレビ解説者になった父親は、息子に「お前が大きくなったら、テレビでお前の試合の解説をしたいと思う」と口癖のように話していたという。サンドンは[[アメリカ合衆国]][[テキサス州]][[フォートワース]]にある[[テキサスクリスチャン大学]]で、2年間マーケティングとビジネスを専攻した後、[[1991年]]からプロテニス選手になった。[[1991年ウィンブルドン選手権]]で、サンドンは大会初出場で2回戦に進出し、[[センターコート]]で[[ジョン・マッケンロー]]と対戦した。父親のフレッドがこの試合のテレビ解説を担当し、ストール親子はここで夢を実現させた。[[1992年]]10月、[[[台北市]]での大会のダブルスで[[ジョン・フィッツジェラルド (テニス選手)|ジョン・フィッツジェラルド]]とペアを組み、男子ツアーでダブルス初優勝を果たす。[[1993年]]1月の[[メディバンク国際|NSWオープン]]男子ダブルスでは、同じ年の[[ジェイソン・ストルテンバーグ]]と組んで2勝目を挙げた。間もなく、サンドンはダブルスの分野で躍進を始める。
 
[[1994年]]にサンドンは男子ツアーでダブルス3勝を挙げたが、3月末に[[大阪市|大阪]]での大会で[[マルティン・ダム]]と組んだ優勝もあった。[[1994年]]後半から[[1995年]]にかけて、彼は[[アレックス・オブライエン]]と組んで大半のトーナメントに出場した。[[1995年全米オープン (テニス)|1995年全米オープン]]男子ダブルスで、サンドンとオブライエンは初めて[[グランドスラム (テニス)|4大大会]]の決勝に進出する。この決勝戦では[[ウッディーズ]]に3-6, 3-6のストレートで敗れ、準優勝に終わった。サンドンとオブライエンは、同年10月中旬の[[セイコー・スーパー・テニス]]にも出場し、準決勝で[[パトリック・マッケンロー]]/[[ヤコブ・ラセク]]組に敗れた。
11,469

回編集