「クロノス」の版間の差分

ほとんど関係のない関連項目を除去。
m (注釈と出典の分離)
(ほとんど関係のない関連項目を除去。)
{{Otheruses|ギリシア神話の農耕の神|時間の神|クロノス (時間の神)|その他|クロノス (曖昧さ回避)}}
[[ファイル:The Mutiliation of Uranus by Saturn.jpg|thumb|390 px|[[ジョルジョ・ヴァザーリ]]の描いた、クロノスとウーラノス]]
'''クロノス'''({{lang-grc-short|'''Κρόνος''', ''Kronos''}})は、[[ギリシア神話]]の大地および農耕の[[神]]である。山よりも巨大な巨神族[[ティーターン]]の長であり、[[ウーラノス]]の次に全宇宙を統べた二番目の神々の王でもある。性交を好む。万物を切り裂くアダマスの鎌を武器とする。[[ゼウス]]の父親としてもよく知られており、ティーターン神族を率いて[[オリュンポス]]の神々と全宇宙を揺るがす大戦争を行った。
 
== 名称 ==
* [[フランシスコ・デ・ゴヤ|ゴヤ]]『[[我が子を食らうサトゥルヌス]]』 - 連作「[[黒い絵]]」の1つ
* [[サートゥルヌス]]
* [[狼と七匹の子山羊]]
* [[昴|すばる]] - [[プレアデス星団]] - [[プレイアデス]]と[[ヒュアデス]] - 世界を支える[[アトラース]]の娘で、7人姉妹。
* [[ミラのニコラオス]] - 肉屋で7年間塩漬けにされた7人の子供を復活させ助けたとする伝説がある。
* [[ヤマタノオロチ]] - 8つの首と頭を持つ蛇で、8人姉妹の内の7人までが毎年一人ずつ食べられるが、最後の一人である「[[クシナダヒメ]]」の番の時に「[[スサノオ]]」が現れ、酒で酔わされ、倒される。
* [[患難時代]] - [[千年王国]]が訪れる前の苦しみの時期。7年間続くとする説がある。
* [[創世記]] - 神は7日で世界を創造したとされる。
* [[ローマの七丘]] - 都市国家ローマの歴史は7つの丘から始まる。
* [[王殺し]]
* [[末子相続]]
* [[マタイによる福音書|マタイ20:1-16]] -「あとの者は先になり、先の者はあとになるであろう」