「ランキンサイクル」の版間の差分

m
出典内外部リンクのリンク切れ対処 1件 / 先頭2重コロンリンク機能停止対応 ( {{Main}} ) → m:Tech/News/2017/41/ja
m (出典内外部リンクのリンク切れ対処 1件 / 先頭2重コロンリンク機能停止対応 ( {{Main}} ) → m:Tech/News/2017/41/ja)
として求まる。
 
実際の発電設備では、4~7段抽気程度の再生サイクルとなっている{{R|新蒸気|工業熱力学}}。
<ref name="新蒸気" /><ref name="工業熱力学" />。
多段抽気再生サイクルでは、通常高圧側に表面形給水加熱器を用い、
凝縮した抽気を減圧して低圧側の抽気に混ぜて熱回収し、
低圧段を混合形としてすべての抽気を給水に混合している{{R|蒸気動力}}。
<ref name="蒸気動力" />。
 
== 有機ランキンサイクル ==
{{Main|[[:en:Organic Rankine cycle]]}}
'''有機ランキンサイクル'''(英語:organic Rankine cycle)(ORC)は[[ペンタン|n-ペンタン]]<ref name="Canada04">{{cite journal
'''有機ランキンサイクル'''(英語:organic Rankine cycle)(ORC)は[[ペンタン|n-ペンタン]]<ref name="Canada04">{{cite journal|last=Canada|first=Scott|author2=G. Cohen |author3=R. Cable |author4=D. Brosseau |author5=H. Price |date=2004-10-25|accessdate=2009-03-17|title=Parabolic Trough Organic Rankine Cycle Solar Power Plant|journal=2004 DOE Solar Energy Technologies|publisher=US Department of Energy NREL|location=Denver, Colorado|url=http://www.nrel.gov/csp/troughnet/pdfs/37077.pdf}}</ref> や[[トルエン]]<ref name="Batton2000">{{cite web|url=http://www.nrel.gov/csp/troughnet/pdfs/batton_orc.pdf|title=Organic Rankine Cycle Engines for Solar Power|last=Batton|first=Bill|date=2000-06-18|work=Solar 2000 conference|publisher=Barber-Nichols, Inc.|accessdate=2009-03-18|archiveurl=https://web.archive.org/web/20090318233027/http://www.nrel.gov/csp/troughnet/pdfs/batton_orc.pdf|archivedate=2009年3月18日|deadlinkdate=2017年9月}}</ref>のような低沸点の有機液体を水と蒸気の代わりに使用する。これにより、[[ソーラーポンド]]のような70~90℃程度の低温の熱源の利用を企図する。<ref>Nielsen et al., 2005, Proc. Int. Solar Energy Soc.</ref> 熱源の温度が低いので[[熱効率]]は著しく低いが、これまで利用価値の無かった排熱等の低品位の熱源を活用できるので意義がある。水よりも低い沸点の流体を使用した場合、熱力学的な恩恵が得られる。例は[[水銀蒸気タービン]]を参照
| last = Canada
| first = Scott
| author2 = G. Cohen
| author3 = R. Cable
| author4 = D. Brosseau
| author5 = H. Price
| date = 2004年10月25日
| accessdate = 2009年3月17日
| title = Parabolic Trough Organic Rankine Cycle Solar Power Plant
| journal = 2004 DOE Solar Energy Technologies
| publisher = US Department of Energy NREL
| location = Denver, Colorado
| url = http://www.nrel.gov/csp/troughnet/pdfs/37077.pdf
| archiveurl = https://web.archive.org/web/20160402043734/http://www.nrel.gov/csp/troughnet/pdfs/37077.pdf
| archivedate = 2016年4月2日
| format = PDF
'''有機ランキンサイクル'''(英語:organic Rankine cycle)(ORC)は[[ペンタン|n-ペンタン]]<ref name="Canada04">{{cite journal|last=Canada|first=Scott|author2=G. Cohen |author3=R. Cable |author4=D. Brosseau |author5=H. Price |date=2004-10-25|accessdate=2009-03-17|title=Parabolic Trough Organic Rankine Cycle Solar Power Plant|journal=2004 DOE Solar Energy Technologies|publisher=US Department of Energy NREL|location=Denver, Colorado|url=http://www.nrel.gov/csp/troughnet/pdfs/37077.pdf}}</ref> や[[トルエン]]<ref name="Batton2000">{{cite web|url=http://www.nrel.gov/csp/troughnet/pdfs/batton_orc.pdf|title=Organic Rankine Cycle Engines for Solar Power|last=Batton|first=Bill|date=2000-06-18|work=Solar 2000 conference|publisher=Barber-Nichols, Inc.|accessdate=2009-03-18|archiveurl=https://web.archive.org/web/20090318233027/http://www.nrel.gov/csp/troughnet/pdfs/batton_orc.pdf|archivedate=2009年3月18日|deadlinkdate=2017年9月}}</ref>のような低沸点の有機液体を水と蒸気の代わりに使用する。これにより、[[ソーラーポンド]]のような70~90℃程度の低温の熱源の利用を企図する。<ref>Nielsen et al., 2005, Proc. Int. Solar Energy Soc.</ref> 熱源の温度が低いので[[熱効率]]は著しく低いが、これまで利用価値の無かった排熱等の低品位の熱源を活用できるので意義がある。水よりも低い沸点の流体を使用した場合、熱力学的な恩恵が得られる。例は[[水銀蒸気タービン]]を参照
 
 
 
{{デフォルトソート:らんきんさいくる}}
[[Categoryカテゴリ:熱力学サイクル]]
[[Categoryカテゴリ:エンジン]]
[[Categoryカテゴリ:エポニム]]
13,928

回編集