「カベルネ・フラン」の版間の差分

編集の要約なし
{{Infobox wine grape variety
[[file:Cabernet Franc Weinsberg 20060909.jpg|right|thumb|220px|カベルネ・フラン]]
|name=カベルネ・フラン
'''カベルネ・フラン'''(Cabernet Franc)は、[[フランス]]の[[赤ワイン]]用[[ぶどう]]品種である。世界的に最も人気のある赤ワイン用ぶどう品種[[カベルネ・ソーヴィニョン]]の交配親として知られている。
|colour=赤
[[file:|image= Cabernet Franc Weinsberg 20060909.jpg|right|thumb|220px|カベルネ・フラン]]
|image width=
|caption=
|species = [[ヨーロッパブドウ]]
|also called=
|origin=
|regions=[[フランス]]など
|wines=[[ロワールワイン]]
|soil=
|hazards =
|general=
|cool=
|medium=
|hot=
|age=
|notable wines =
}}
'''カベルネ・フラン'''({{lang-fr|Cabernet Franc}})は、[[フランス]]の[[赤ワイン]]用[[ぶどう]]品種である。世界的に最も人気のある赤ワイン用ぶどう品種[[カベルネ・ソーヴィニョン]]の交配親として知られている。主に[[フランス]]で栽培されている。
 
== 特徴 ==
[[ボルドー]]地方では[[カベルネ・ソーヴィニ]]種に比べ、それほど排水のよくないところでも育つため、[[ドルドーニュ川]]右岸の[[サンテミリオン]]やフロンサック地区などで比較的多く見られている。[[ジロンド川]]左岸の[[メドック]]抔では、ほんの数パーセント作られているだけである。
 
フランス国内で、最っとも栽培面積がく作られてのは[[ロワールワイン|ロワール地方]]であり、[[シノン]]、[[ソミュール]]、[[ブルグイユ]]などの赤ワインはこの品種を主体にして作られている。カベルネ・ソーヴィニによく似た[[ブルーベリー]]のような香りと、ほどよい渋み、豊かな酸味を持っているが、カベルネ・ソーヴィニに比べるとおとなしい感じのワインが多い。[[アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ|AOC]]ワインでは安価なものの一つである。心地よい薄甘口の味わいとサーモンピンクの色合いが美しい[[アンジュー・ロゼ]]や[[カベルネ・ダンジュー]]も、この品種を中心に作られている。
 
フランス以外では、[[カリフォルニア州|アメリカ合衆国の[[カリフォルニア州]]や[[オーストラリア]]で作っもわずかながら栽培されているところがあるが、その量は極めて少ない
 
日本では、カベルネ・ソーヴィニョンに比べ高温多湿に比較的強いため、日本では[[山梨県]]を中心にこのぶどう種を導入しているワイン園がいくつかある。
 
{{デフォルトソート:かへるねふらん}}
721

回編集