「別部捷夫」の版間の差分

編集の要約なし
m (Bot: WP:BOTREQ#Infobox内の空のnowikiタグの除去: Infobox baseball, <nowiki></nowiki> → Removed)
編集の要約なし
 
==来歴・人物==
[[徳島県立鳴門高等学校|鳴門高校]]では[[1958年]][[全国高等学校野球選手権徳島大会|夏の甲子園県予選]]準決勝に進出するが、中学時代の同級生である[[徳島県立徳島商業高等学校|徳島商]]の[[板東英二]]に0-1で完封を喫し、甲子園出場はならなかった。卒業後は[[明治大学硬式野球部|明治大学]]へ進学。[[一枝修平]]、[[辻佳紀]]、[[八木孝]]、松本雄作(4年中退、[[東京ヤクルトスワローズ|国鉄]])らと同期であった。[[東京六大学野球連盟|東京六大学野球リーグ]]では[[1961年]]春季リーグに優勝している。同年の[[全日本大学野球選手権大会]]に出場するが、準決勝で[[日本大学硬式野球部|日大]]に敗れた。
 
[[1963年]]に[[東京ヤクルトスワローズ|国鉄スワローズ]]へ入団。2年目の[[1964年]]には開幕直後から[[右翼手]]のポジションを獲得する。同年は主に二番打者として活躍し、[[規定打席]](25位、打率.245)にも到達するが、その後は段々と出番が減る。[[1968年]]、[[岡本凱孝]]の移籍により層の薄くなった捕手陣を補強するとともに、定評のある打撃を活かすため、大学時代に経験のある捕手へと転向。しかし肩が弱く、[[加藤俊夫]]の台頭もあってレギュラーには届かなかった。[[1969年]]は1試合も一軍での出場が無く、この年に[[引退]]した。