「時計 Adieu l'Hiver」の版間の差分

{{Portal 映画}}, 配給収入の加筆
({{Portal 映画}}, 配給収入の加筆)
タグ: 2017年版ソースエディター
|制作費=
|興行収入=
|配給収入=6億円<ref>{{Cite journal|和書|year=1987|title=邦画フリーブッキング配収ベスト作品|journal=[[キネマ旬報]]|issue=[[1987年]]([[昭和]]62年)[[2月]]下旬号|pages=129|publisher=[[キネマ旬報社]]}}</ref>
|前作=
|次作=
}}
{{Portal 映画}}
『'''時計 Adieu l'Hiver'''』(とけい アデュー・リベール)は、[[1986年]][[10月10日]]に公開された[[倉本聰]]の初監督映画である。[[グルノーブルオリンピック]]で、[[アイスホッケー]]と[[フィギュアスケート]]の日本代表選手だった両親を持つ少女の、9歳から14歳までの5年間を描いた人間ドラマ。[[フジテレビジョン]]製作。
 
 
倉本にとって初の映画監督作品であったが、撮影になると屋外ロケの際に通行人を待たせたりすることで迷惑をかけていないかと心配するなど、落ち着いて考えることができず、ついには血尿を出すまでになった(『獨白 2011年3月』フラノ・クリエイティブ・シンジケート、2011年、p186)。倉本は監督業は二度とやるまいと固く決めたと述べている。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==