「友人葬」の版間の差分

友人葬は、基本として[[戒名]]を付けず亡くなる前の氏名を「[[俗名]]」とするので、僧侶への金銭の支払い、[[布施|お布施]]などをする必要はない。しかし葬儀にかかる必要経費は必要であるため、完全[[無料]]というわけではない。お経などは、方便品、自我偈の読誦の後、唱題するという順序であげられ、地域ごとに儀典長と呼ばれる創価学会の会員が3人決められており葬儀の際の読経の導師をするが、集った人達でお経を唱え故人を見送るのは、学会の会合である勤行・唱題会と同じになる。
 
また、香典や香典返しといった風潮習慣が無いことから、身寄りのない年配者や、[[無宗教]]者が友人葬を依頼することもある。
 
儀典長の中には仕事の都合をつけて参加される方もいます。ご配慮ください。{{See also|創価学会#葬儀}}
 
近年では一般社会でも[[家族葬]]のように親族のみで簡単に済ませる葬儀が増えていることもあり、葬儀社でも友人葬を取扱うところが増えている。料金は葬儀社や住んでいる地域によって若干の差は存在するもののサービスが基本料金に含まれているケースとオプション料金として別に請求されるケース、また[[ウェブサイト]]上で、オプション料金などを表示していない葬儀社もあるため、詳細は葬儀社への確認は必ず必要である。
 
=== 香典 ===
匿名利用者