「鶴瓶上岡パペポTV」の版間の差分

m (注釈化 括弧トル)
:2本撮りの予定であった日に、鶴瓶が[[食中毒]]で倒れて出演できなくなり、上岡が1人で出演して1時間喋った回があった。この影響で、その日は1本しか収録が出来ず、その翌々週も2本撮りのスケジュールが組まれていたため、翌々週が3本撮りに変更された。しかし3本目の収録が夜遅くになるため、家に帰れなくなる人が出てしまう恐れがあるという問題が発生し、3本目の収録が無観客で行われることとなった。なお、この放送のオープニングトークで、上岡がちょっとしたことで笑う番組スタッフに対し、「我慢するとか、遠慮するとか、空気を考えるとか、周りのムードを読むっちゅうことがでけんのか、お前には!」と本気で激怒した。スタッフの笑い声が入るような、いわゆる「内輪だけの笑い」は、視聴者が見ていて一番不快で面白くないというのが理由であった。
;4回目(1995年1月27日放送)
:[[阪神・淡路大震災]]([[兵庫県南部地震]])の影響によるもの。俗に言う「'''怒りのパペポ'''」。27日放送分(23日収録)は、[[阪神・淡路大震災]]直後で「[[笑い|笑わす]]ことができない」ということで二人だけの収録となった。[[兵庫県]]在住の被災者(鶴瓶)として、またはテレビを見ていたもの(上岡)として、後手に回り人間的かつ柔軟な対応ができない[[縦割り行政]]や、人間としての資質を疑うような言動をするマスメディア(特にテレビ)への怒りを露わにした。なお、オープニングテーマもエンディングテーマも流れず、放映の最後には同系列の[[チャリティー番組]]『[[24時間テレビ 「愛は地球を救う」]]』への批判まで出た。
;5回目(1997年4月4日放送)
:500回を記念して[[生放送]]で行われた。この放送の終盤で上岡が鶴瓶を唆し、生放送であるにもかかわらず[[放送禁止用語]]「[[まんこ|おめこ]]」([[女性器]]を意味する[[大阪弁]])を鶴瓶が放送終了直前に言ってしまった。ただし日本テレビを始め、同時ネットされていない局では、その部分だけを[[自主規制音]]で被せて放送した。翌々週の放送(翌週の放送分は500回記念生放送前に収録されたため)で、鶴瓶はその発言に対し謝罪した。
匿名利用者