「源義忠暗殺事件」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''源義忠暗殺事件'''(みなもとのよしただあんさつじけん)は、狭義では[[天仁]]2年([[1109年]])2月3日に[[源義忠]]が襲われて2日後に死去した事件。広義ではその事件から[[源義綱]]父子の追捕と義綱の[[佐渡国|佐渡]]への配流をいう。
 
== 概要 ==
=== 源義忠暗殺 ===
[[嘉承]]元年([[1106年]])7月1日に[[河内源氏]]の棟梁[[源義家]]が没すると、河内源氏の棟梁は義家の三男義忠が継いだ。それから3年後の天仁2年(1109年)2月3日夜、義忠は何者かに斬りつけられ、2日後に死亡してしまった。
 
犯人は[[美濃源氏]]の[[源重実]]とされ[[左大臣]][[源俊房]]の邸内で[[検非違使]]によって逮捕されたが無実であるのが判明した。すると、今度は義家の弟である源義綱とその三男の[[源義明]]が犯人、黒幕であると目されて[[朝廷]]から嫌疑を受けた。なぜこうなったかと言うと義忠に大けがを負わせた刀が現場に残されており、これが義明のものだと判明したからである。そして、その実行犯は義明の乳母夫であり[[滝口武者]]である[[藤原季方]]であると決めつけられた。
 
義綱はこれに怒った。嫡男[[源義弘|義弘]]をはじめとする5人の息子達もこれに怒り、抗議の意を込めて父子そろって義綱の弟[[源義光]]の所領である[[近江国]][[甲賀郡]]の甲賀山(鹿深山)へ立て籠もるという行動をとった。その際、義明は病の為に皆と行動を共にせず、藤原季方の館に籠った。
 
=== 源義綱父子の抵抗 ===
こうして甲賀山に入った義綱一行に対し、[[白河天皇|白河院]]は棟梁を継いだばかりの義忠の甥[[源為義]]に義綱父子を追討するように命じた。そこに、源義光までもが為義の後押しを行い始めたので義綱父子はますます窮地に追い込まれる。
 
為義軍が甲賀山への攻撃を開始すると義綱方は各所で敗退し、ついに義綱は降伏しようと言い出した。しかし、無実であるのに降伏するとは到底納得できない息子たちは憤激した。特に白河院の[[判官代]]となっていた義弘は主人である白河院からの追討ということもあり、自分たちの身の潔白を証明するための自害に意を強くしており、父義綱にも潔く[[切腹]]するように言い寄った。それでも義綱は投降しようとしたので義弘は父に範を示そうと兄弟たちの中で真っ先に自害することにし、高い木に登ってそこから谷底に飛び降りて投身自殺した。その後、次男[[源義俊|義俊]]も兄に続いて投身自殺、四男[[源義仲 (義綱流)|義仲]]は為義軍が放った炎に入って焼身自殺、五男[[源義範|義範]]は切腹し、六男[[源義公|義公]]も自害して果てた。こうして次々と息子たちが自害していく中でただ一人残された義綱はついに大岡寺で出家し、為義に投降した。
 
そして、義綱は佐渡に流された。
 
=== 真相 ===
こうして義忠の暗殺犯は義綱、義明、藤原季方とされて事件は解決したかに思えたが、真実は違った。真犯人は義忠の叔父であり義綱の弟である源義光であった。
 
義光の最期については[[大治 (日本)|大治]]2年([[1127年]])10月20日に園城寺で死去したとする説が有力であるが、一方で殺害されたとの説もある。暗殺した義忠の遺児である[[河内経国]]によって討たれたとの説である。
 
=== 結果 ===
これにより河内源氏は義忠・義綱という2人の実力者を失い、義光も暗殺事件の黒幕であることが発覚したため失脚。強力な後見人のいない為義は主人である藤原摂関家とともに白河院の院政によって京での勢力は衰退していった。