「クリス・クロス 混沌の魔王」の版間の差分

編集の要約なし
{{文学}}
『'''クリス・クロス 混沌の魔王 '''』('''クリスクロス こんとんのまおう''')は、[[小説高畑京一郎]]著の[[ライトノベル]]。第1回電撃ゲーム小説大賞現・[[1994年電撃小説大賞]] )〈金賞〉受賞作。[[高畑京一郎1994年]]著 発行[[メディアワークス]])<br>より発行された。
第1回[[電撃ゲーム小説大賞]]<金賞>受賞作。
 
応募時タイトルは『夢か現か幻か』。
世界最大、世界最速の電子頭脳「ギガント」、この最新のコンピュータが、256人が擬似的に体験できるゲーム「ダンジョントライアル」として公開された。この一般試写に集まる人々。しかしこの公開には、限りなくリアリティにこだわる天才学者が関わっていた。彼が求める、リアルとは……。
 
== 概要 ==
今のところ、電撃ゲーム小説大賞で、そのままゲームを題材とした小説はこれだけである。<br>
また、大賞ではなく次点の金賞を受賞した作品だが、大賞を差し置いてハードカバーの単行本として発売され、[[1997年]]に[[電撃文庫]]で文庫化された。<br>
 
元々の応募時のタイトルは『夢か現か幻か』。そういった編集サイドの手心が加わった作品でもある。
また、大賞ではなく次点の金賞を受賞した作品だが、大賞を差し置いてハードカバーの単行本として発売され、[[1997年]]に[[電撃文庫]]で文庫化された。<br>
 
== ストーリー ==
世界最大、世界最速の電子頭脳「ギガント」、この最新のコンピュータが、256人が擬似的に体験できるゲーム「ダンジョントライアル」として公開された。この一般試写に集まる人々。しかしこの公開には、限りなくリアリティにこだわる天才学者が関わっていた。彼が求める、リアルとは……
 
[[Category:ライトノベル|くりすくろすこんとんのまおう]]
{{lit-stub}}