「トラウィスカルパンテクートリ」の版間の差分

神|
m編集の要約なし
(神|)
[[ファイル:Tlahuizcalpantecuhtli.jpg|thumb|200px|トラウィスカルパンテクートリ。]]
[[ファイル:Tlahuizcalpantecutli.jpg|thumb|200px|槍であらゆる生き物を傷つけるトラウィスカルパンテクートリの絵。]]
'''トラウィスカルパンテクートリ'''(Tlahuizcalpantecuhtli, Tlahuixcalpantecuhtli, Tlahuizcalpantecutli)は、[[アステカ神話]]に伝わる[[神|破壊神]]。[[明けの明星]]([[金星]])の擬人化で、その名は「曙の主」を意味する。激しく燃えさかる[[槍]](光線)を投げつける姿で現される。
 
古代アステカでは、金星からの光はあらゆる災いをもたらすものとされ、金星の運行が熱心に研究されていた。ある絵文書には、100年以上にも及ぶ天体の運行予測が記されているという。