「コタマガイ」の版間の差分

編集の要約なし
*前背縁:コタマガイは通常僅かに弧抉する(弧状に抉れる)。オキアサリは通常直線的か僅かに弧膨する。
*後背縁の稜:コタマガイは通常稜がない。オキアサリは通常明瞭な稜がある。
また、3mm以下のものではオキアサリには殻頂部に明瞭な放射彫刻があることで区別されるとも言うが、両種は自然環境下で[[雑種]]化することがあるとも言われる<ref name=TnakaTanaka,1979/>。
 
== 生態 ==
;原記載
*{{snamei|Venus (Gomphina) melanaegis}} {{auy|Römer|1860}}.<ref name=Romer,1860/> ''Malakozoologische Blätter'' vol. 7, [https://biodiversitylibrary.org/page/15919716 p.157-158].
*タイプ産地:"― ?"(不明
;異名<ref name=Kong&al.,2012/>
*{{snamei|Venus aequilatera}}—Sowerby II, 1853 (not Sowerby, 1825).
20世紀中はフキアゲアサリ属 {{snamei||Gomphina}}や、その亜属としての {{snamei||Macridiscus}} (”オキアサリ亜属”)に分類されていたが、遺伝子解析の結果などから {{snamei|Gomphina}} と {{snamei|Macridiscus}} とは亜科レベルで異なることが判明し、両者は殻の構造なども異なることから {{snamei||Macridiscus}} は {{snamei||Gomphina}} とは直接の類縁のない太平洋西部に固有の独立の属とされるようになった<ref name=Kong&al.,2012/>。
;同属種
{{snamei||Macridiscus}} の種は互いによく似ているため、21世紀初頭までは研究者によりコタマガイとオキアサリの2種とされたりする見解やこれら全てが同で1種しかないする見解も示されたりしたが、遺伝子解析や詳細な形態研究の結果から2018年現在は下記の3種に分けられている。
*コタマガイ {{snamei|Macridiscus melanaegis}} (Römer, 1860) コタマガイ(本項
:日本(北海道-九州)、朝鮮半島、中国北部(遼寧省 - 江蘇省)に分布。オキアサリと混生することがある。
*[[オキアサリ]] {{snamei||Macridiscus multifarius}} Kong, Matsukuma & Lutaenko, 2012 [[オキアサリ]]
:ロシア極東[[ピョートル大帝湾]]、日本([[新潟県]]/[[房総半島]]以南)、朝鮮半島、中国北部(遼寧省 - 江蘇省)に分布。コタマガイと混生することがある。
*{{snamei||Macridiscus semicancellata}} (Koch in Philippi, 1843)
:[[台湾]]、中国南部、[[ベトナム]]に分布。{{snamei|Macridiscus}} のタイプ種だが、オキアサリと混同されていたため、本種をタイプとする本属 {{snamei||Macridiscus}} にも「オキアサリ(亜)属」の和名が与えられた。またコタマガイも含め全てが同一種の種内変異であるとの見解もあったが、21世紀になり別種とされるようになった。コタマガイやオキアサリよりも套線湾入が大きく深いこと、分布域が南方に離れていて重ならないことなどから区別される<ref name=Lutaenko,20102001/><ref name=Kong&al.,2012/>。
 
== 人との関係 ==
{{reflist|refs=
<ref name=Asahi-Chiribotan,1976>
{{Cite journal|author=無記名(朝日新聞1975年11月5日付記事の要約紹介) |date=1976-2-20 |title=安い"ハマグリ"大もて 実は親類コタマガイ(朝日新聞1975年11月5日付記事の要約紹介) |journal=ちりぼたん 日本貝類学会研究連絡誌 |volume=9 |issue=1 |page=18 |publisher=日本貝類学会 |naid= |issn=05779316 }}</ref>
 
<ref name=Kong&al.,2012>
{{cite journal |author=Kong, L. |author2=Matsukuma, A. |author3=Hayashi, I. |author4=Takada, Y. |author5=Li, Qi |date=2012 |title=Taxonomy of ''Macridiscus'' species (Bivalvia:Veneridae) from the western Pacific: insight based on molecular evidence, with description of a new species |journal=Journal of Molluscan Studies |voume=78 |issue= |pages=1-11 |doi=10.1093/mollus/eyr024}}</ref>
 
<ref name=Lutaenko,20102001>
{{cite journal |author=Lutaenko, K.A. |date=2001 |title=Taxonomic review of the species of ''Gomphina'' (Macridiscus) (Bivalvia: Veneridae) from the Western Pacific Ocean |journal=Phuket Marine Biological Center Special Publication |volume=25|pgaespages=465–486 |url=http://www.imb.dvo.ru/misc/vietnam/files/vietnam/Lutaenko_022.pdf |format=pdf}}</ref>
 
<ref name=Matsukuma,2017>
 
<ref name=Romer,1860>
{{cite journal |author=Römer, Eduard |title=Beschreibung neuer Venus-Arten |journal=Malakozoologische Blätter |date=1860 |volume=7 |issue= ||pages=148-165}}</ref>
 
<ref name=TnakaTanaka,1979>
{{Cite journal|author=田中彌太郎 |date=1979-04-30 |title=出雲砂浜域に発生したコタマガイとオキアサリの中間形について |journal=貝類学雑誌 Venus : the Japanese journal of malacolog |volume=38 |issue=1 |pages=61-65 |publisher=日本貝類学会 |naid=110004764275 |issn=00423580 }}</ref>
}}
280

回編集