「片岡鶴太郎」の版間の差分

m
テレビ番組、ラジオ番組での発言は、現在のWikipediaに記載できる記事ではありません。削除します。
(「受賞歴」節設置、sty(WP:JPE)、copyedit、lk、dab、cl、+tmp(Cite journal、Cite interview、Cite news、Cite web、読み仮名、要出典範囲、要ページ番号))
m (テレビ番組、ラジオ番組での発言は、現在のWikipediaに記載できる記事ではありません。削除します。)
2000年、あるドラマに父親役で出演した際、息子役の当時無名だった[[小栗旬]]とのケンカのシーンで、小栗が本気でのしかかり鶴太郎は腰骨が外れるというケガを負った。多忙だった鶴太郎はこのことをすっかり忘れていたが、10年後の2010年、小栗が鶴太郎の楽屋にあいさつに来てこのことを言うと鶴太郎は非常に驚いたという。<ref>{{Cite news | url = http://japan.techinsight.jp/2010/04/turutarou-ogurisyun.html | title = 【エンタがビタミン♪】 10年前、片岡鶴太郎の腰の骨をはずした子役は、なんとあのイケメン俳優だった。 | publisher = [[Techinsight]] | date = 2010-04-09 | accessdate = 2016-05-24 }}</ref>。
 
2012年から、[[瞑想]]への関心をきっかけとして、毎朝起きると4時間[[ヨガ]]を実践し、5年目の2017年にはインド政府公認「プロフェッショナルヨガ検定・インストラクター」の全4段階中の難関のレベル1に合格した<ref>{{Cite web |url=http://www.oricon.co.jp/news/2092312/full/ |title=片岡鶴太郎、インド政府公認のヨガ検定合格&親善大使就任 体重も43キロに「Sサイズもブカブカ」 |publisher=ORICON NEWS |date= |accessdate=2017-07-07}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170702/Myjitsu_025288.html |title=体重65キロが43キロ!片岡鶴太郎がヨガに目覚めた動機 |publisher=エキサイトニュース |date= |accessdate=2017-07-07}}</ref>。これを業界の20年後輩である[[有吉弘行]]がラジオで「枯れ枝のようなジジイ」「即身仏」「退院したてのお爺ちゃん」「流木」と{{読み仮名|嘲笑|ちょうしょう}}したことが話題になった<ref>ただし、これは「即身仏」を除きリスナーからのメールに書かれていた文言であり、有吉自身の発言ではない。</ref>。
 
== 芸術家として ==
597

回編集