メインメニューを開く

差分

m
 
== 来歴 ==
小学2年生の時に{{R|elg2014}}兄に誘われてサッカーを始める<ref name="fb2004">{{Cite book|和書|title=FC東京ファンブック2004|page=55|year=2004|publisher=[[毎日新聞社]]}}</ref>。[[第78回全国高等学校サッカー選手権大会|1999年度の全国高校選手権]]を制した[[船橋市立船橋高等学校|市立船橋高校]]に憧れ{{R|gold}}、[[2001年]]に同校へ進学。[[ディフェンダー (サッカー)#センターバック|センターバック(CB)]]にコンバートされ<ref>[http://www.182ch.net/fctokyo/tokyomania06.htm TOKYO MANIA Vol.6 増嶋竜也選手インタビュー] 182ch</ref>、同年の[[全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会|インターハイ]]で優勝に貢献。1年生で唯一優秀選手に選出された{{R|fb2004}}。[[第81回全国高等学校サッカー選手権大会|2年時には全国高校選手権]]、3年時には[[高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会|高円宮杯]]で優勝し{{R|fct2003}}、高校生年代の3大タイトルを獲得した。高校No.1DFとして<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0003945 【天皇杯3回戦プレビュー】横浜FM vs 市立船橋高、Jリーグ王者に挑む市立船橋高校] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2003年12月13日)</ref><ref name="gold">[http://www.aquarius.nikkansports.com/2003/soccer/gold/gold_04.html 金の卵を探せ!注目選手紹介 第4回 増嶋竜也 (市船橋)] [[日刊スポーツ]] (2003年)</ref> 多くの[[日本プロサッカーリーグ|Jリーグ]]クラブが獲得に名乗りを上げる中{{R|fb2004|sanga-i}}、[[2003年]]10月に[[FC東京]]への加入内定が発表された<ref name="fct2003">{{cite web |url=http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=1719 |title=増嶋竜也選手(市立船橋高等学校)・来季新加入内定のお知らせ |accessdate=2014年2月17日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20040506153154/http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=1719 |archivedate=2004年5月6日 }} FC東京 (2003年10月29日)</ref>。また、この年には主将としてチームを牽引し{{R|sanga-i|gold}}、同期の[[石井秀典]]、[[カレン・ロバート]]、[[佐藤優也]]、[[鈴木修人]]、[[高橋昌大]]らと共に[[第83回天皇杯全日本サッカー選手権大会|冬の天皇杯]]で3回戦に進出<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0003956 【天皇杯3回戦 横浜FM vs 市立船橋高校】スターティングメンバー発表] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2003年12月14日)</ref>。J1で優勝したばかりの[[横浜F・マリノス]]を相手に互角以上の闘いを演じたが<ref name="navi2003">[http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/column/83rd/1214kami_02.html Jリーグ王者を追い詰めた高校王者(後編)(天皇杯3回戦 横浜F・マリノスvs市立船橋高校)] スポーツナビ (2003年12月14日)</ref>、増嶋は後半終了間際に2度目の警告を受けて退場。その後PK戦までもつれチームは敗退。なお、この試合の退場による出場停止処分は、2週間後の[[第82回全国高等学校サッカー選手権大会|全国高校選手権]]の初戦に課された{{R|navi2003}}。
 
[[2004年]]よりFC東京に加入{{R|fct2003}}。第1節の[[アルビレックス新潟|新潟]]戦で早速公式戦デビューを果たした<ref>[http://data.j-league.or.jp/SS/jpn/team/2004010001_000033_W0707_J.html 選手出場記録] Jリーグ (2004年6月26日)</ref>。[[AFCユース選手権2004|同年開催のAFCユース選手権]]ではU-19日本代表の主将を務め、3バックの中央に入り守備を統率<ref>[http://archive.sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200409/at00002581.html アジアユース2004プレビュー] スポーツナビ (2004年9月24日)</ref>。[[2005 FIFAワールドユース選手権|翌年のワールドユース]]出場権を確保したものの、増嶋にとっては[[ペナルティーキック|PK]]失敗や[[オウンゴール]]など苦い経験を味わった<ref name="tochu2004">{{cite web |url=http://tochu.tokyo-np.co.jp/fctokyo/kougeki/kougeki_041022.html |title=365日 FC東京 <第31回> DF 増嶋 竜也 アジアユースで痛感 ミスは一切許されない |accessdate=2013年5月5日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20051110112747/http://tochu.tokyo-np.co.jp/fctokyo/kougeki/kougeki_041022.html |archivedate=2005年11月10日 }} [[東京中日スポーツ]] (2004年10月22日)</ref>。[[大熊清]]U-20代表監督からの信頼は厚く{{R|sanga-i|gold}}、ワールドユースでも代表主将を務め、全試合に出場した。[[2006年]]、J1第6節横浜FM戦でFC東京での初得点を記録。後半ロスタイムに[[今野泰幸]]のヘディングからの落としをボレーで蹴りこんだ<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0031346 【J1第6節 横浜FM vs F東京 レポート】] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2006年4月1日)</ref>。同年8月より[[北京オリンピックにおけるサッカー競技|2008年のオリンピック]]を目指す日本代表が新たに発足し、増嶋も名を連ねたが<ref>[http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00037215.html 【4th MEDIA連動企画:インタビュー】U-21日本代表:増嶋竜也 (FC東京)] [[J's GOAL]] (2006年8月29日)</ref>、FC東京では[[茂庭照幸]]・[[ジャーン・カルロ・ウィッテ|ジャーン]]のCBコンビに阻まれ<ref name="js2007">[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0050217 【J1:第16節 F東京 vs 甲府 プレビュー】] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2007年6月19日)</ref>{{R|tochu2004}}、起用は彼らの負傷時などに限定され<ref>[http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/jsgoal/detail.php?press_code=0040424 【J1:第30節 F東京 vs 川崎F プレビュー】] Jリーグ:[[J's GOAL]]アーカイブ (2006年11月10日)</ref>、レギュラー奪取には至らなかった。
[[2008年]]は[[京都サンガF.C.]]へと期限付き移籍<ref>{{cite web |url=http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=5688 |title=増嶋竜也選手 京都サンガF.C.への期限付移籍決定のお知らせ |accessdate=2014年2月17日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20080110032737/http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=5688 |archivedate=2008年1月10日 }} FC東京 (2008年1月8日)</ref><ref>{{cite web |url=http://www.ventforet.co.jp/2007/PRESSRELEASE/0801.html |title=増嶋竜也選手 京都サンガF.C.へ移籍 |accessdate=2014年2月17日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20080110122702/http://www.ventforet.co.jp/2007/PRESSRELEASE/0801.html#5 |archivedate=2008年1月10日 }} ヴァンフォーレ甲府 (2008年1月8日)</ref><ref>{{cite web |url=http://kyotosanga.jp/index.php?PAGE=3&ID=9165 |title=増嶋 竜也選手 期限付き移籍加入のお知らせ |accessdate=2014年2月17日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20080109052451/http://kyotosanga.jp/index.php?PAGE=3&ID=9165 |archivedate=2008年1月9日 }} 京都サンガF.C. (2008年1月8日)</ref>。レギュラーを確保したが、代表復帰は果たせなかった。京都では右[[ディフェンダー (サッカー)#サイドバック|サイドバック(SB)]]でも起用され、新たな武器として[[スローイン|ロングスロー]]を放ち{{R|sanga-i}}好機を演出した<ref>{{cite web |url=http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20081210-OHT1T00084.htm |title=増嶋完全移籍狙う…京都 |accessdate=2014年2月17日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20081211002046/http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20081210-OHT1T00084.htm |archivedate=2008年12月11日 }} [[スポーツ報知]] (2008年12月10日)</ref>。[[2009年]]からは京都へ完全移籍<ref>{{cite web |url=http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=7206 |title=増嶋竜也選手 京都サンガF.C.へ完全移籍決定のお知らせ |accessdate=2014年2月17日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20120715003344/http://www.fctokyo.co.jp/home/index.phtml?cont=item&item=7206 |archivedate=2012年7月15日 }} FC東京 (2009年1月14日)</ref><ref>[http://www.sanga-fc.jp/news/detail/10173 増嶋竜也選手 完全移籍加入のお知らせ] 京都サンガF.C. (2009年1月14日)</ref>。
 
[[2011年]]、地元千葉県でのプレーを望み<ref>{{cite web |url=http://www.chibanippo.co.jp/sports/reysol/reysol_kiji.php?i=so_b1296011713 |title=移籍の決め手は“地元”千葉県出身の中島、増嶋 |accessdate=2014年2月17日 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20110130211221/http://www.chibanippo.co.jp/sports/reysol/reysol_kiji.php?i=so_b1296011713 |archivedate=2011年1月30日 }} [[千葉日報]] (2011年1月26日)</ref>[[柏レイソル]]へ完全移籍<ref>[http://www.sanga-fc.jp/news/detail/10576 増嶋竜也選手 柏レイソルへ完全移籍のお知らせ] 京都サンガF.C. (2011年1月6日)</ref><ref name="kr2011">[http://blog.reysol.co.jp/news/2011/011506.html 増嶋 竜也選手が移籍加入] 柏レイソル (2011年1月6日)</ref>。開幕当初は右SBとして出場するも、その後はSB[[酒井宏樹]]の台頭やCB[[朴東赫]]の離脱により<ref>[http://www.reysol.co.jp/fan/ontheway/14_masu.php on the way 14 増嶋竜也] 柏レイソル</ref>、CBとして出場機会が増えていった。最終的にリーグ戦では25試合に出場し、チームのJ1初優勝に貢献した。[[2012年]]も前年に続いてCBのレギュラーを確保し、キャプテンの[[大谷秀和]]からキャプテンマークを託されることもあった<ref>[http://blogola.jp/p/3634 [柏]「キャプテンマークを巻くと、責任感が増しますよね」(増嶋選手)] BLOGOLA (2012年10月26日)</ref>。[[2013年]]は[[鈴木大輔 (サッカー選手)|鈴木大輔]]の加入や[[橋本和]]の負傷もあり、序盤は左SBとして出場することが多かった。夏場以降、鈴木の台頭や自身の負傷離脱<ref>[http://blog.reysol.co.jp/news/2013/015828.html 増嶋 竜也選手の負傷について] 柏レイソル (2013年10月4日)</ref> もあったが、最終的にリーグ戦25試合に出場。最終ラインの何処に入っても遜色のないプレーでチームを支えた<ref name="elg2014">{{Cite book|和書|title=Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集|page=56|year=2014|publisher=[[三栄書房]]}}</ref>。[[2014年]]は、シーズン半ばまで出場機会が得られなかったが、中盤戦以降はケガ人が出たチーム状況もあって先発出場の機会を増やし、公式戦20試合に出場。同年12月に両足[[離断性骨軟骨炎#関節遊離体|関節遊離体]]除去手術に臨んだ<ref>[http://blog.reysol.co.jp/news/2014/013177.html 増嶋 竜也選手の負傷について] 柏レイソル (2014年12月10日)</ref>。2015年開幕に復帰を間に合わせたものの、1st第2節[[ベガルタ仙台|仙台]]戦で[[前十字靭帯]]を[[靭帯損傷|損傷]]し長期離脱を強いられた<ref>[http://blog.reysol.co.jp/news/2015/013414.html 増嶋竜也選手の負傷について] 柏レイソル (2015年3月17日)</ref>。2016年開幕節で先発復帰。
 
[[2016年]][[12月15日]]、[[J1リーグ|J1]]・[[ベガルタ仙台]]へ期限付き移籍することが発表された<ref>{{Cite press release|url=http://blog.reysol.co.jp/news/2016/015225.html|title=増嶋 竜也選手 ベガルタ仙台へ期限付き移籍|publisher=柏レイソル|date=2016-12-15|accessdate=2016-12-15}}</ref><ref>{{Cite press release|url=http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2016/12/post-4290.html|title=柏レイソル 増嶋竜也選手 期限付き移籍加入のお知らせ|publisher= ベガルタ仙台|date=2016-12-15|accessdate=2016-12-15}}</ref>。移籍期間は2017年2月1日から2018年1月31日までの1年間。なお、2017シーズンにおける柏レイソルとの対戦には出場できない。
*母校市立船橋のコーチ増嶋真也は実弟<ref>{{Facebook_post|ichifunaFC|847697335344883}} (2015年11月20日)</ref>。
*[[2012年]][[9月30日]]、元[[バドミントン日本代表]]・[[潮田玲子]]との入籍を発表<ref>[http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/09/30/kiji/K20120930004230281.html 潮田玲子さん バースデー婚! 柏の増嶋と入籍] スポーツニッポン 2012年9月30日閲覧</ref><ref>[http://blog.reysol.co.jp/news/2012/014289.html 増嶋 竜也選手が入籍] 柏レイソル 2012年9月30日閲覧</ref>。
*[[2015年]]、潮田も所属する芸能事務所・[[セント・フォース]]<ref>[http://ameblo.jp/masushima-tatsuya/entry-11994727571.html 「アンダーアーマー」&「ZONE」] 増嶋竜也オフィシャルブログ (2015年2月20日)</ref> のスポーツ・文化人セクションである「セント・フォースZONE」とマネジメント契約。
*[[ロック (音楽)|ロック]][[バンド (音楽)|バンド]]・[[10-FEET]]のファンであることを公言しており<ref>{{Twitter status|masushima05|488258588712783872}} (2014年7月13日)</ref><ref>[http://blog.reysol.co.jp/koho/2014/07/10/ マスへのエール] 日立台広報日記 2014年7月10日付</ref>、メンバーとも交流がある<ref>[http://p.twipple.jp/rrjqb @takuma10feet] (2012年3月19日)</ref><ref name=110409m>[http://blog.lirionet.jp/masu0422/2011/04/post-9fab.html 癒し。] 増嶋達也 旧公式ブログ (2011年4月9日)</ref>。彼らが主催している音楽フェス「[[京都大作戦]]」にも足を運んだことがある{{R|110409m}}。
 
*[[Jリーグカップ|Jリーグ ヤマザキナビスコカップ]]:[[2013年のJリーグカップ|2013]]
*[[FUJI XEROX SUPER CUP]]:[[FUJI XEROX SUPER CUP2012|2012]]
*[[天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会|天皇杯全日本サッカー選手権大会]]:[[第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会|2012]]
*[[スルガ銀行チャンピオンシップ]]:[[スルガ銀行チャンピオンシップ2014|2014]]
 
10,790

回編集