「ハンティ・マンシ自治管区・ユグラ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
== 行政区画 ==
{{main|ハンティ・マンシ自治管区・ユグラの行政区画}}
=== 住民都市 ===
 
行政の中心都市[[ハンティ・マンシースク]](人口は約4万人)のほかに、最大の都市[[スルグト]](約30万人)、[[ニジネヴァルトフスク]](約25万人)、{{仮リンク|ネフチェユガンスク|en|Nefteyugansk|label=ネフテユガンスク}}(約12万人)、[[ラードゥジヌイ (ハンティ・マンシ自治管区)|ラードゥジヌイ]](約4万人)などがある。
== 住民 ==
[[ハンティ人]]と[[マンシ人]]は言語系統の上では、[[ハンガリー]]の[[マジャル人]]に近く、[[フィン・ウゴル]]系のうち[[ウゴル諸語]]の民族である。しかしながら、人口の大部分は[[ロシア人]]であり、ハンティ人とマンシ人の占める割合は小さい。これは、油田が発見された後に、多くのロシア人が流入した結果である。
 
== 歴史 ==
* [[東シベリア・太平洋石油パイプライン]]
 
== 都市住民 ==
[[ハンティ人]]と[[マンシ人]]は言語系統の上では、[[ハンガリー]]の[[マジャル人]]に近く、[[フィン・ウゴル]]系のうち[[ウゴル諸語]]の民族である。しかしながら、人口の大部分は[[ロシア人]]であり、ハンティ人とマンシ人の占める割合は小さい。これは、油田が発見された後に、多くのロシア人が流入した結果である。
行政の中心都市[[ハンティ・マンシースク]](人口は約4万人)のほかに、最大の都市[[スルグト]](約30万人)、[[ニジネヴァルトフスク]](約25万人)、{{仮リンク|ネフチェユガンスク|en|Nefteyugansk|label=ネフテユガンスク}}(約12万人)、[[ラードゥジヌイ (ハンティ・マンシ自治管区)|ラードゥジヌイ]](約4万人)などがある。
 
 
== 外部リンク ==