「海上自衛隊」の版間の差分

(荒らし 117.109.4.49 (会話) による ID:67753400 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
2017年(平成29年)3月31日現在、主たる戦力として[[護衛艦]]46隻(約22万5,000トン)、[[通常動力型潜水艦]]17隻(約5万,000トン)、機雷艦艇25隻(約2万6,000トン)、哨戒艦艇6隻(約1,000トン)、輸送艦艇11隻(約2万8,000トン)、補助艦艇29隻(約12万5,000トン)<ref>ここまで出典:平成29年版防衛白書 資料10 主要艦艇の就役数</ref>、航空機は、[[対潜哨戒機|固定翼哨戒機]]73機([[P-1 (哨戒機)|P-1]] 11機、[[P-3 (航空機)|P-3C]] 62機)<ref>ここまで出典:平成29年版防衛白書 資料9 主要航空機の保有数・性能諸元</ref>、[[電子戦機|電子戦データ収集機]](EP-3 5機)<ref name="kansen_819">「[[世界の艦船]]」2015年7月増刊(通巻819号)『海上自衛隊2015-2016』</ref>、画像データ収集機(OP-3C 5機)、[[対潜哨戒機#哨戒ヘリコプター|哨戒ヘリコプター]]87機([[SH-60J (航空機)|SH-60J]] 35機、[[SH-60K (航空機)|SH-60K]] 52機)、掃海・輸送ヘリコプター([[アグスタウェストランド AW101|MCH-101]] 10機)等を保有する。人員は、定員45,364人(現員42,136人 充足率92.9%)である<ref>平成29年版防衛白書 資68 自衛官の定員および現員</ref>。
 
平成30年度(2018度)の予算額は約1兆1433億円<ref>
平成29年度(2017年度)の予算額は1兆12,116億円<ref>平成29年版防衛白書 図表II-2-4-4(防衛関係費(当初予算)の内訳(平成29年度))</ref>基地の数は約31である<ref>海上自衛隊公式HPの「基地の所在地」を基に算出</ref>。
[http://www.mod.go.jp/j/yosan/2018/yosan.pdf]</ref>基地の数は約31である<ref>海上自衛隊公式HPの「基地の所在地」を基に算出</ref>。
 
海上自衛隊の中核となる[[自衛艦隊]]は、艦艇約100隻、航空機約230機を擁し、これらの部隊は主として隷下の「[[護衛艦隊]]」、「[[航空集団]]」、「[[潜水艦隊]]」に所属している。また、「[[掃海隊群]]」、「[[情報業務群]]」、「[[海洋業務・対潜支援群]]」、「[[開発隊群]]」等の各種隷下部隊を有している<ref>[http://www.mod.go.jp/msdf/sf/about/organization.html 自衛艦隊HP 組織・編成]</ref>。
34

回編集