「ダッチマン」の版間の差分

編集の要約なし
(新しいページ: 「{{Infobox Musician <!-- プロジェクト:音楽家を参照 --> |名前 = ダッチマン |画像 = |画像説明 = |画像サイ…」)
タグ: カテゴリを含まない記事の作成 参考文献(出典)に関する節がない記事の作成
 
 
現[[サカナクション]]のメンバーが在籍していた、いわば前身ともいえるバンドである。
 
== メンバー ==
* '''[[山口一郎 (歌手)|山口 一郎]]'''([[1980年]](昭和55年)[[9月8日]] -)
: 愛称は「イチロー」「イチロック」。血液型はO型。
: [[ギター]]、[[ヴォーカル]]担当。楽曲の[[作詞]]・[[作曲]]も手掛けた。
* '''岩寺 基晴'''(1981年(昭和56年)[[3月11日]] -)
: 愛称は「モッチ」。ギター担当。血液型はO型。
* '''斎藤 友樹'''(1980年(昭和55年)[[10月18日]] -)
: 愛称は「トモキ」。[[ベース (弦楽器)|ベース]]担当。血液型はB型。
* '''原 康之'''(1980年(昭和55年)[[11月15日]] -)
: 愛称は「ヤス」。[[ドラムス]]担当。血液型はAB型。
=== サポートメンバー ===
* '''石森 孝明'''([[1980年]](昭和55年)[[8月8日]] -)
: 愛称は「イシモリ」。[[サンプラー]]担当。2002年5月のライブから参加。加藤と入れ替わりで脱退。
* '''加藤 建彦'''
: 愛称は「カトュー」。[[サンプラー]]担当。2003年4月のライブから参加。
 
== 来歴 ==
[[1998年]]1月に[[札幌]]で中学、高校の同級生である山口一郎、岩寺基晴、斎藤友樹、原康之の4人が集まり、「'''ダッチマンtheサンコンズ'''」という名前で結成。バンド名は「DかBで始まるバンド名がいい」という山口の意見で名付けられたものであり、[[オランダ]]が好きだったというわけではなく、末尾の「サンコンズ」も語呂の良さで名づけられたもので、特に深い意味はなかったという。
 
地元ではかなりの数のライブを行っており、高校卒業後の[[1999年]]8月には札幌BESSIE HALLで初めてのワンマンライブを行い、250人を動員した。この際に、500枚限定で発売した3曲入りシングル「'''Fly.'''」を完売させている。
[[2000年]]8月、バンド名を「'''ダッチマン'''」に改称。一時的に「ダッチマンGサンコンズ」という名称(Gとは「[[ギャラガー]]」の略称)になりかけたが、最終的にこのバンド名で落ち着いたという。
 
[[2001年]]には東京、浜松、大阪など全国的なライブ展開を行い、それと並行してデモ音源のレコーディングを行う。[[2002年]]3月には大阪、京都、名古屋でライブを行い、4月5日に1年半のデモ音源をまとめたアルバム『'''demonstration'''』を発売。5月に[[サンプラー]]担当のサポートメンバーとして石森孝明がライブに参加する。10月には東京、仙台でのライブを行った。
 
[[2003年]]4月に加藤建彦が交代でサンプラー担当のサポートメンバーとして石森と入れ替わりで加入。11月には自主制作シングル「'''三日月サンセット'''」をライブ会場のみで発売。
: 山口のソロプロジェクトになってからの作品。オムニバスアルバム「music for PARDISCO」収録。
: 後に、「'''白波トップウォーター'''」と改題され、サカナクションの楽曲として発表される。
 
== サカナクションの楽曲として再録されたもの ==
* 明日から
: アルバム『[[kikUUiki]]』収録。
* ''煙の中''
: サビの部分のみ、「[[アルクアラウンド]]」に流用されている。歌詞も違う。
* インナーワールド
: アルバム『GO TO THE FUTURE』収録。
* サンプル
: アルバム『[[NIGHT FISHING IS GOOD]]』収録。
* 三日月サンセット
: アルバム『GO TO THE FUTURE』収録。
* 白波リミックス
: 「'''白波トップウォーター'''」と改題されアルバム『GO TO THE FUTURE』に収録。
 
== 影響 ==
[[桜井まちこ]]の漫画「ココロの花」は、ダッチマンの楽曲「愛の花」をモチーフとしており、歌詞やバンドが数個まではあるが登場している。当時、桜井は札幌在住の高校生だった。
 
== 外部リンク ==
* [https://matome.naver.jp/odai/2141846888681645701 サカナクションの前身、ダッチマンってどんなバンドだったの?]