「サヴォイア公国」の版間の差分

編集の要約なし
|人口測定時期5 =
|人口値5 =
|変遷1 =サヴォイア辺境伯からサヴォイア公爵に昇格し成立
|変遷年月日1 =[[1416年]]
|変遷2 =
|注記 =
}}
'''サヴォイア公国'''または'''サヴォワ公国'''(サヴォイアこうこく、[[イタリア語|伊]]:Ducato di Savoia, [[フランス語|仏]]:Duché de Savoie)は、[[サルデーニャ王国]]の前身となった[[公国]]である。[[1416年]]、[[サヴォイア家]]の[[フェリクス5世_(対立教皇)|アメデーオ8世]]が、[[神聖ローマ皇帝|皇帝]][[ジギスムント (神聖ローマ皇帝)|ジギスムント]]から公爵の位を授かり与えられて成立した。
 
現在の[[イタリア]]北西部(現[[ヴァッレ・ダオスタ州]]、[[ピエモンテ州]])と[[フランス]]東部[[サヴォワ]]地方や現[[アルプ=マリティーム県]]、[[ジュネーヴ]](現[[スイス]])も含んだ。首都は[[サヴォイア伯国|サヴォイア伯領]]の頃から[[シャンベリ]](現フランス)であったが、[[1563年]]に[[トリノ]]に遷都された。
 
[[1718年]]に締結された[[ロンドン条約 (1718年)|ロンドン条約]]の結果、[[1720年]]に[[サヴォイア公]][[ヴィットーリオ・アメデーオ2世]]が[[シチリア島]](シチリア王国)を手放す代わりに[[サルデーニャ島]]を獲得し、シチリアの王位はそのままサルデーニャ位ということに国)を獲得た。一方、サルデーニャ王国となっヴォイア公爵領も引き続き[[イタリア統一]]により解消されるまで存続した。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者