「ブークモール」の版間の差分

ノルウェー語の正書法に従い言語名を小文字で始める
(114.124.235.70 (会話) による ID:67660729 の版を取り消し)
タグ: 取り消し
(ノルウェー語の正書法に従い言語名を小文字で始める)
{{Infobox Language
|name=ノルウェー語(ブークモール)
|nativename=Bokmålbokmål
|states={{NOR}}
|familycolor=インド・ヨーロッパ語族
|map=
}}
'''ブークモール'''({{lang-no|Bokmålbokmål}})は、[[ノルウェー語]]で「本の言語」の意を指す。二つの公式の[[書き言葉]]の規範のうち、もっとも一般的に使われているものである(もう一つは[[ニーノシュク]])。
 
== 概要 ==
*ブークモールは(話し言葉の方言とは無関係に)人口のおよそ85~90%によって使用されており、外国人のノルウェー語学習者にもっとも一般的に教えられている。
*ブークモールと'''リクスモール'''('''Riksmålriksmål'''、後述)は、大部分が[[デンマーク語]]の書き言葉に基づいており、また東部ノルウェー語(なかでも首都[[オスロ]]近辺で話される権威ある変種)とより密接な関係にある。
*伝統的にブークモールの[[正書法]]で書かれるさまざまなノルウェー語の変種は、デンマーク語と[[低地ドイツ語]]の影響のもとに[[古ノルド語]]から何世代にもわたって発展してきたものである。
*対照的に通常ニーノシュクで書かれる西海岸の方言群は、この言語のより古い形に固有な特徴を保持している。
331

回編集