「ドン・フジイ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
力士廃業後に[[天龍源一郎]]が率いる[[WAR (プロレス)|WAR]]でアルバイトとして営業業務を勤める(このときの経験は、現在チケットの営業として活かされている)が、[[闘龍門]]の1期生の募集を知り、応募して[[メキシコ]]へ渡る。現地で[[CIMA (プロレスラー)|大島伸彦(現:CIMA)]]・[[SUWA|諏訪高広(現:SUWA)]]とルード(悪役)集団[[CRAZY-MAX]]を結成(後に[[TARU|多留嘉一(現:TARU)]]が合流)。[[1997年]][[5月11日]]にデビュー。当時のリングネームは「スモー・フジ」。[[1999年]]に凱旋帰国を果たした。
 
喧嘩ファイトから、他人の物を盗む、演歌キャラを演じる(あまり歌はうまくない)などコミカル路線まで幅広くこなせる。C-MAX時代は抗争の口火を切る役目を果たしていた。ちなみに過去に盗んだものは、[[斎藤了]]から「[[自転車]]」、[[堀口元気]]から「サーフボード」(未遂)、[[ミラノコレクションA.T.]]から「透明犬ミケーレ」、[[YOSSINO]]から「ヴェネツィア」、[[BATAやん]]から「黄金のマイク」、[[土井成樹|セカンド土井]]から「バット」を盗んでいる。
 
元力士のため、闘龍門系レスラーとしては珍しい中肉中背の体格である。周りには二枚目でスラッとした体型の選手が大半を占める中、「羨ましくないですか?」との新聞社の質問に「俺の目標は[[マイティ井上]]さんのような[[あんこ (相撲)|あんこ型]]で強いレスラー」と返している。
 
== 得意技 ==
「80kgある人間を簡単に持ち上げることができる」(本人インタビュー)という持ち前の怪力を活かした技を得意とし、団体内にはめずらしる。オーソドックスなパワーファイターだが相撲出身者らしく相撲技を取り入れたものや、突っ張り・ぶちかましなど、相撲技そのものを繰り出すこともある。
; [[ジャーマン・スープレックス|ナイス・ジャーマン]]
: [[ジャーマン・スープレックス|ジャーマン・スープレックス・ホールド]]だが、技名は[[CIMA (プロレスラー)|CIMA]]から技を仕掛けた姿勢がよかったのでくて「ナイス!」と言われ、この名前にしことが由来
; [[チョークスラム|ノド輪落とし]]
: 様々なパワーレスラーが使っている技。相手のノドを抱えて持ち上げ、マットに叩きつける。最近では、タッグマッチで望月正晃との合体で使用したりする。雪崩式のものは'''ナダチョー'''という名前がついている。鷹木信悟に決める時は返されることがある。
: [[吉野正人|YOSSINO]]のペットでゴリラのヴェネチアを盗むために自らゴリラに変身。
* ターボやん
: モデルはDRAGON GATEに参戦する[[AAA (プロレス)|AAA]]の[[ザ・ターボマン]]。2007年7月のWRESTLE JAMでは[[マグニチュード岸和田]]が『ターボ・マッスル』、[[K-ness.]]が『ターボness.』、[[ルパン松谷]]が『ルパン松ターボ』に扮する等、2007年のWRESTLE JAMでは『ターボ旋風』が吹き荒れた。
* ドン馬之助
: [[上田馬之助 (プロレスラー)|上田馬之助]]がモデル。[[ストーカー市川|"ハリウッド"ストーカー市川]]が[[大阪プロレス]]に参戦した際、タイガー・ジェット・市川として登場し、そのセコンドとして登場。