「単体」の版間の差分

スペースをつけ見やすくした
m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:Q10906434 に転記)
(スペースをつけ見やすくした)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
{{otheruses|化学用語|位相幾何学の単体|単体 (数学) }}
'''単体'''(たんたい、simple substance)とは、単一の[[元素]]からできている[[純物質]]のことである。[[水素]] (H<sub>2</sub>)、[[酸素]] (O<sub>2</sub>) などの[[二原子分子|等核二原子分子]]や、[[ナトリウム]] (Na)、[[金]] (Au) などの純金属が含まれる。これに対して、[[水]] (H<sub>2</sub>O) など2種類以上の元素からできている純物質は[[化合物]]という
[[水素]] (H<sub>2</sub>)、[[酸素]] (O<sub>2</sub>) などの[[二原子分子|等核二原子分子]]や、[[ナトリウム]] (Na)、[[金]] (Au) などの純金属が含まれる。
これに対して、[[水]] (H<sub>2</sub>O) など2種類以上の元素からできている純物質は[[化合物]]という。
 
[[酸素]] (O<sub>2</sub>) と[[オゾン]] (O<sub>3</sub>)、あるいは赤[[リン]]と黄リンのように、同じ元素からできた単体であっても、異なる性質を示す場合がある。このような単体同士の関係を[[同素体]]という。たとえば、[[ダイヤモンド]]と[[グラファイト]]を混ぜ合わせた物質は、単一の[[炭素]][[原子]]からできているが、[[密度]]・[[融点]]・[[沸点]]などの[[物理学|物理]]的性質が一定にさだまらないので純物質ではなく(したがって単体でもなく)、2種類の単体([[炭素]]の同素体)の[[混合物]]である。
このような単体同士の関係を[[同素体]]という。
たとえば、[[ダイヤモンド]]と[[グラファイト]]を混ぜ合わせた物質は、単一の[[炭素]][[原子]]からできているが、[[密度]]・[[融点]]・[[沸点]]などの[[物理学|物理]]的性質が一定にさだまらないので純物質ではなく(したがって単体でもなく)、2種類の単体([[炭素]]の同素体)の[[混合物]]である。
 
==関連項目==
匿名利用者