「オイルショック」の版間の差分

前3編集を差し戻し( 2018年4月19日 (木) の版に戻した)。グラフの説明が長いことは間違いない。
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(前3編集を差し戻し( 2018年4月19日 (木) の版に戻した)。グラフの説明が長いことは間違いない。)
'''オイル・ショック'''([[和製英語]]:{{en|oil}} + {{en|shock}})とは、[[19751973年]](第1次)と[[1979年]](第2次)に始まった(ピークは[[1980年]])、[[原油]]の供給逼迫および[[原油価格]]高騰と、それによる世界の経済混乱である。'''石油危機'''(せきゆきき、{{lang-en|oil crisis}})または'''石油ショック'''とも称される。[[OPEC]]諸国の国際収支黒字は1973年には10億ドルであったが、[[1974年]]には約700億ドルに急増。一方、発展途上国向けの民間銀行貸し付け額は[[1970年]]の30億ドルから[[1980年]]の250億ドルに跳ね上がった。<ref>Morris Miller, ''Resolving the Global Debt Crisis'' [[国際連合|国連]] 1989年 p.50.</ref>
 
[[ファイル:Oil Prices Since 1861.svg|right|thumb|500px|1861年〜2007年の原油価格。100年近く続いた安値が[[1970年代]]に破られたことがわかる。1970年代、株価の下落幅は緩やかながら、[[世界恐慌]]が本格化した[[1930年代]]のそれよりも底が深かった。[[ニューヨーク証券取引所]]の会員権は、その価値が1968年に51万5000ドルだったのが1973年半ば7万5000ドルとなるほど投売りされた。債券市場も市場金利の上昇が利ざやを減らしたり、元本割れを起こしたりした。多くの[[投資信託]]は、そのポートフォリオに組み入れる証券を探し途方に暮れたし、仮に資産構成に目途が立っても営業マンを探したら見つからないという逆境に喘いだ。[[ニクソンショック]]のご時勢に売れたファンドは、金を掘っている[[リオ・ティント]]や[[カナダ]]の鉱山会社に集中投資をしているところだけだった。{{See also|アメリカ合衆国の経済史#インフレの悲哀: 1970年代}}
{{Legend|#FF9A00|[[実質と名目|実質]]([[消費者物価指数|物価変動]]補正)}}
{{Legend|#000080|[[実質と名目|名目]](当時の金額)}}
]]
 
1,714

回編集