メインメニューを開く

差分

[[1965年]][[1965年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト]]3位で[[オリックス・バファローズ|阪急ブレーブス]]に入団。一年目の[[1966年]]からレギュラー二塁手となり、チャンスメーカーとして活躍した<ref name="阪急ブレーブス黄金の歴史p61" />。しかし翌年から[[山口富士雄]]が二塁手に回り、激しいポジション争いが長年続く。[[1967年]]からのリーグ3連覇、[[1971年]]からのリーグ連続優勝に貢献。[[1972年の日本シリーズ]]では第1戦に本塁打を放つ。[[1973年]]には初めて[[規定打席]]に到達(21位、打率.263)、阪急黄金時代を築いた名脇役であった。[[1975年]]限りで現役引退。<ref>[[1974年]]の[[1974年のパシフィック・リーグプレーオフ|プレーオフ]]でロッテに敗退して、課題であるセンターラインの強化として二塁手に[[ボビー・マルカーノ]]、外野手に[[バーニー・ウイリアムス (1948年生の外野手)|バーニー・ウイリアムス]]を獲得。住友はレギュラーを奪われ、[[長池徳士]]は指名打者に回された。</ref>
 
[[1967年]][[7月30日]]の[[千葉ロッテマリーンズ|東京オリオンズ]]戦では、日本プロ野球史上唯一(2016(2017年シーズン終了時)の「[[三重殺#日本プロ野球|無補殺三重殺]]」(1人でのトリプルプレー)を達成している。なおこの時の打者は高校の同級生の[[大塚弥寿男]]であった。
 
=== 指導者・解説者として ===
14

回編集