「垂水雄二」の版間の差分

略歴の詳細、最新著書を変更。
(略歴の詳細、最新著書を変更。)
'''垂水 雄二'''(たるみ ゆうじ、[[1942年]]([[昭和]]17年) - )は、日本の[[翻訳家]]、[[科学]][[ジャーナリスト]]([[サイエンスライター]])。
[[大阪府]][[大阪市]]生まれ。1965年[[京都大学]][[理学部]]生物学科卒、同[[大学院]]理学研究科博士課程満期単位取得後退学<ref>『進化論物語』(バジリコ株式会社、2018年)の著者紹介は「修了」とあが[[博士]][[論文]]が確認できない。</ref>。[[思索社]]、[[平凡社]]勤務、1998年平凡社を退社、1999年よりフリージャーナリスト。
 
==著書==
*『厄介な翻訳語 科学用語の迷宮をさまよう』八坂書房、2010
*『進化論の何が問題か [[リチャード・ドーキンス|ドーキンス]]と[[スティーヴン・ジェイ・グールド|グールド]]の論争』八坂書房、2012
*『進化論物語:「進化」をめぐる六人の学者の功罪とその生涯』バジリコ株式会社、2018
===翻訳===
1

回編集