「ビグ・ザム」の版間の差分

漫画『[[機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY#機動戦士ガンダム0083 REBELLION|機動戦士ガンダム0083 REBELLION]]』に登場。
 
一年戦争時にドズル・ザビが最期に搭乗し、破壊されたものを連邦軍が改修した機体。その目的はジオン残党に完全なる絶望を与えるためであるとされる。本来は宇宙世紀0083年の観艦式のフィナーレに披露する予定であったが、ラング([[ビグロ#ビグ・ラング|ビグ・ラング]]の胴体部)に[[ガンダム開発計画#ガンダム試作2号機(サイサリス)|ガンダム試作2号機]]を搭載し観艦式中の連邦軍艦隊へ強襲をかけるアナベル・ガトーに対し、グリーン・ワイアット大将が出撃を命じる。ラングの発射したビームをIフィールドで防ぎ切り、続けての突撃を正面から二本足で受け止めるなど防御性能は未だ健在である。
 
=== ビグ・ザム(アクシズ仕様) ===
2,643

回編集