メインメニューを開く

差分

== 代表作『えび足の少年』 ==
[[画像:José de Ribera 017.jpg|thumb|200px|えび足の少年 (1642) ルーヴル美術館]]
ルーヴル美術館が所蔵するこの作品は1642年に描かれた<ref>{{Cite book|和書 |author = [[池上英洋]] |year = 2012 |title = 西洋美術史入門 |publisher = [[筑摩書房]] |page = 91 |isbn = 978-4-480-68876-7}}</ref>
 
「えび足」とは、この絵に描かれた少年の、不自由な右足を意味する。障害をもち、身長の伸びが途中で止まったと思われる少年は屈託のない笑みを浮かべ、鑑賞者の方を見つめている。少年の手には歩行用の杖とともに、1枚の紙片が握られ、そこには人々に施しを勧める言葉が読み取れる。この絵は単なる風俗画ではなく、カトリック信徒の務めとしての「慈善」を勧める意味があるものと思われる。
14,917

回編集